観光フィールドワーク(国内)・東北5日目

みなさん、こんにちは!
9月8日(木)9日(金)10(土)のブログ担当をします、3年の桂です。
観光フィールドワーク(国内)・東北5日目は、恐山に行きました。

恐山は日本三大霊山の一つで、活火山でもあり昔は噴火していました。
恐山の中には、とても綺麗な湖がありますが、強い酸性のため、誰も湖には入れないそうです。
また硫黄の川が流れており、匂いがとても強く、触ってみるとぬるかったです。
恐山では石が積み上げられているのを見かけますが、亡くなった子どもが天国に行くのを助けるために、積み上げられているそうです。
また、東日本大震災の震災供養塔の裏には、大小を含めて数十にも及ぶ手形が彫られています。
このたくさんの手形の中には自分に合う手形があると言われている、ということをガイドの方から聞きました。
自分に合った手形と手を合わし、震災で亡くなった人に祈りを捧げるそうです。

恐山にある慈覚大師堂というところには、たくさんの草履が供えられています。
亡くなった方は荷物を持っていないため、足が傷つかないように草履が供えられているとガイドの方に教えてもらいました。
恐山は亡くなった方の霊が集まる場所なので、学生の中には霊感が強いせいか、気分が悪くなってしまった人もいました。
恐山で写真を撮るのはあまり良くないとガイドの方に聞いたため、写真は撮りませんでした。

その後恐山を離れ、昼食をとりました。
大間崎の「魚喰いの大間んぞく」というお店に行き、私はマグロ定食を頂きました。
本場で食べるマグロは、最高に美味しかったです。

 
大間港からフェリーで函館港に移動しました。
船では、デッキで写真をとったり、客席でゆっくりしたり、とても快適に過ごせました。
 
 
この日の夜ごはんは、函館ビヤホールで、ステーキ丼を食べました。
お肉がとても柔らかくて美味しかったです。
 

 
夕食後は、バスで函館山の夜景を見に行きました。
函館山の夜景は、世界三大夜景の一つとして知られています。
今まで見てきた夜景よりもダントツで綺麗で、驚きました。
町全体が、キラキラ光っており、最高の時間を過ごすことができました。
 

 
明日は、函館市内での自由行動です。
グループで考えたツアープランをもとに楽しみたいと思います。

観光フィールドワーク(国内)・東北4日目

2022年10月31日