2016年10月26日

【学生の活動】 京都学生祭典が開催されました!

2016年10月9日(日)に京都学生祭典が開催されました!!!

10月9日(日)に、平安神宮前・岡崎プロナード一帯で京都学生祭典が開催されました。京都学生祭典とは、学生と産・学・公・地域が互いに連携しながら、京都や学生も魅力を発信し京都を盛り上げる「祭」です。学生が主体となって運営し、企画立案から広報活動、営業活動、警備まで幅広く活動しています。

本学の学生も、京都学生祭典実行委員会に所属し、本祭当日には、各ブースにて活躍していました。今回は、その様子をお伝えします。

〇オープニング

20161026_1.jpg 20161026_2.jpg

〇各ブースにて活躍する本学の学生たち

20161026_3.jpg 20161026_4.jpg 20161026_5.jpg 20161026_6.jpg 20161026_7.jpg

写真が掲載されている学生以外にも、各ブースにて活躍する本学の学生がたくさんいました。
今回の京都学生祭典に来られなかった方は、是非来年お越し下さい。

2016年04月25日

【レセプショニスト】「第6回キング・オブ・パフォーマー」において司会進行役を務めました

「第6回キング・オブ・パフォーマー」最終予選会において、本学のレセプショニストが司会進行役で活躍しました!

京都市交通局は、地下鉄駅構内地下を音楽家等の演奏の場として提供する「サブウェイ・パフォーマー事業」を実施しています。

4月16日(土)、平成27年度に最も活躍し、地下鉄駅を盛り上げたサブウェイ・パフォーマーを決定する「第6回キング・オブ・パフォーマー決勝戦」の開催に先立ち、決勝戦進出への最後の切符をかけた「最終予選会~第6代キングへの道~」が地下鉄山科駅前「音の広場」で行われました。

この予選会で、本学レセプショニストクラブのまるまる西村玲美さん(国際観光学部2年生)と大西佑果さん(国際観光学部2年生)が司会進行を担当。フレッシュな活躍ぶりを披露しました。

1.jpg

2.jpg

2016年03月24日

【国際観光学部での学び】ヘリで京都の空を観光しました!

ヘリで京都の空を観光する、というのはどんな経験なのでしょうか?

普段体験できない新しい観光の形であることは確かです。
3月12日に国際観光学部の学生がそんな体験をしてきました。

HUG国際交流協会様のご紹介で、ヘリによる京都観光に取り組んでおられる京都ヘリサービス株式会社様・株式会社アドバンスド様のモニターツアーにご招待いただきました。

京都ヘリサービスの三井嘉晃社長は、ヘリの観光への活用という事業に16年取り組んでいます。

ヘリというと災害や報道での用途や、あるいは大金持ちのプライベートな乗り物という印象が強いですが、もっと身近な乗り物として普及させ、いろいろな用途に活用していきたい、というのが三井さんのご意見です。


空の旅をご紹介しましょう。
20160324_1.jpg


JPD京都ヘリポートは、伏見区向島の宇治川河川敷にあります。京都にも民間利用の出来るヘリポートがあるということもあまり知られていませんが、京都市とも提携して、災害時にも活用できるヘリポートになっています。


20160324_1.jpg
社長の三井さん、パイロットの丸山基成さんと学生たちです。
搭乗した機体は、アメリカ・ロビンソン社製のヘリで、4人乗り。


20160324_1.jpg 離陸します。


20160324_1.jpg すぐに上昇していきます。このときに喚声が上がります。伏見城です。


20160324_1.jpg 三十三間堂と京都国立博物館です。


20160324_1.jpg すぐに、京都の中心部へ。御所が見えました。
ちなみに御所の真上は飛行禁止だそうです。
その隣は平安女学院です。


20160324_1.jpg 
20160324_1.jpg
ヘリの中では、ヘッドセットで会話します。
パイロットの方が、ガイドもしてくれます。


20160324_1.jpg 
20160324_1.jpg
金閣寺と二条城です。
普段見慣れている場所も、全然違った雰囲気です。


20160324_1.jpg
下京区から西山方面を望みます。

ヘリの高度は300m程だそうです。京都タワーや大文字山の上から京都の町を眺めるのと

似たようなものかと思いましたが、ぜんぜん違いました。移動しながら、町の様子を観察

していくというのは、これまでにない体験でした。

参加した学生の感想です。

時岡早織さん(3年生)
綺麗な盆地の形に驚きました。大文字山を見た時は感動しました。住宅地を抜けると、二条城や金閣寺などの、歴史的な建造物を上なら見下ろすという贅沢な時間を過ごしました。 地元京都がこんな形になっていると改めて学びました。この経験で得たことを、これからの勉強に生かしたいです。
渡嘉敷早希さん(3年生)
ヘリコプターは富裕層の方が利用する乗りものだというイメージが強かったのですが、案外私たちでも利用できる価格で驚きました。空の上から見る京都のまちは、普段の感じとはまた違い、素晴らしかったです。この感動は一生の思い出になるし、特別な日にまたヘリコプターに乗りたいと思いました。

ヘリから町を観光するという形に、これまでにない新しい京都観光の可能性が秘められていることを体感できる一日となりました。

貴重な体験をさせて下さった京都ヘリサービス株式会社様、株式会社アドバンスド様、HUG国際交流協会様、中学高等学校の井上渓子先生にお礼申し上げます。

2016年03月08日

【学生の活動】京都御苑NEWSに本学学生のコラムが掲載されました

国際観光学部3年生の天満屋奈央さんのコラムが
「京都御苑ニュース2016年春号」に掲載されました。

kyotogyoen-news.jpg

http://fng.or.jp/kyoto/news/2016/03/post-49.html

これからさくらのシーズンとなり京都御苑は華やかに彩られます。

このフリーペーパーは御苑内の休憩所などで配布されていますので、
休憩中のひと時などにぜひご覧ください。

2015年12月26日

【イルミネーション】2015年度アグネス・イルミネーション点灯を終えて

2015年12月25日(金)の夜9時をもちまして、
2015年度のアグネス・イルミネーションの点灯を終了しました。

約1ヶ月という短い点灯期間でしたが、
新聞やラジオ・テレビなど複数のメディアで紹介されたために、
例年よりも多くのお客様にご来場いただけたように思います。

今年はテーマである「飛翔」にちなんで飛行機のオブジェを中庭の中央に設置し、
日本から世界へ飛び立ちたいという気持ちをこめて、
富士山やパルテノン神殿、凱旋門、ピサの斜塔など世界の名所を周囲に配置しました。

毎年作成しているピースツリーについても、
ツリーの表面に貼り付けた平和への祈りの言葉をシャンパンオレンジの淡い光で幻想的に照らし出しました。

20151226a-s.jpg

また中庭だけでなく、本学の前にある室町通り全体を華やかにライトアップすることで、
見る人のこころ浮き立つアグネス・イルミネーションが実現できたと思います。

20151226b-s.jpg

点灯期間中、雨で漏電して一部点灯できなくなったり、
強い風で楠の枝が折れ落ちてコンセントが抜けたりなどの思わぬトラブルもありましたが、
無事に2015年度のアグネス・イルミネーション点灯を終えることができました。

これもひとえに、
近隣の住民の皆様の暖かい見守りと、
メディアや口コミでイルミネーションをご紹介いただいた皆様のお褒めの言葉、
そして何よりご来場いただいた皆様のご声援のおかげです。

本当にありがとうございました。

来年度も皆様に喜んでいただけるよう、
本学教職員およびイルミネーション委員会が一団となってまい進いたします。

今後とも平安女学院とアグネス・イルミネーションのご支援をよろしくお願い申し上げます。

(アグネス・イルミネーション委員会 顧問)


【以下、作成風景の写真】
20151226c-s.jpg

20151226d-s.jpg

20151226e-s.jpg

20151226f-s.jpg

Powered by
MovableType