サテライトから、お散歩 (第8回)三条通り

東海道の終点(京都から見れば起点)にあたる三条通は、明治時代になると中京郵便局や日本銀行京都支店(現、京都文化博物館別館)などの洋風建築が建ち並びました。現在も明治・大正期の建築が残る味わいのある通りで、京都市の三条通界わい景観整備地区に指定されています。

京都文化博物館別館前に案内がありますので、少し足を止めてご覧になってください。

さて、三条通を烏丸まで行くと、京都銀行の角に「京都市道路元票」があります。道路元票とは道路の起点表示の原点や、市町村間の距離表示の原点になるものです。
東海道につながる三条通が、かつてメインストリートだったことが窺われます。
この石標をよく見てみると、上下で大きく色が異なっています。どこか別の場所で下半分は地中に埋っていたのかもしれませんね。

お散歩の途中、老舗の珈琲店で一休みするのも素敵ですね!

サテライトから、お散歩 (第9回)六角堂、京の中心「へそ石」

2020年10月2日

サテライトから、お散歩 (第7回)寺町三条かいわい

2020年9月9日