2018年度 観光フィールドワーク(国内)5日目

みなさん、こんにちは!
国際観光学部 3回生の伊藤と久保田です。

国内フィールドワーク5日目です!
朝食後に、つばきの旅館の椿野社長から「城崎はなぜ生きながらえたのか」という題名のお話を聞いた後、グループに分かれて自由行動をしました。

私たちは城崎マリンワールドに行きました。
城崎マリンワールドでは 水族館の定番であるイルカショーやアシカショーを見てきました。
ほかにも イルカの生態について学ぶことができましたし、ペンギンのお散歩をしている姿を見ることもできました。

その後は、旅館で貸していただいた柄浴衣に着替えて城崎の町並み散策と外湯巡りを楽しみました。
志賀直哉や与謝野晶子といった文人・歌人の文学碑を見たり、湯上がりプリンを買ったりと楽しむことができました。

また、夜に花火大会があり、浴衣を着て下駄を履いて夜空に浮かぶ色とりどりの綺麗な花火を見ることができました。
台風後なので天気を心配していましたが、無事に晴れて良かったです。

明日は 最終日ですが、明日の行程も楽しみたいと思います。

2018年度 観光フィールドワーク(国内)6日目最終日

2018.08.28

2018年度 観光フィールドワーク(国内)4日目

2018.08.24