メイン

授業 アーカイブ

2010年06月02日

芥川自然観察授業

自然観察授業で芥川へ行きました。高槻キャンパスから徒歩15分ぐらいのところに芥川があります。川原の雑草や川の中の生き物について観察を行いました。川の中をのぞくとメダカやヌマエビを観察することができました。
P6020026.JPG

P6020022.JPG

2010年06月28日

表現の授業

6月25日(金)に「保育内容研究(表現)」の授業(担当金子先生)で、表現遊びの発表をしました。出席番号順に3グループに分かれて行いました。私のグループは「桃太郎」をしました。発表のために授業の空き時間を利用して何時間も練習を行いました。
今回の発表は、言葉を使用せず体を動かすことのみで表現をすることが特徴で、緊張はしたものの、楽しんで演じることができました。(2年、Y.M)

2010年06月29日

子どもと音楽(授業紹介)

子どもの頃に聞いた歌や曲は、いつまでも心に残るものです。音楽的能力が著しい発達を示す幼児期や学童期の教育に携わる者には、音楽に対する豊かな感性と一定の演奏技術が欠かせません。ピアノという楽器を通して音楽の基礎的知識と演奏表現を習得します。
「教科音楽」の授業では、楽譜の読み方等の基礎的知識の習得はもちろん、マーチ・スキップ等のリズム曲の演奏法、弾き歌い、コード・ネームによる伴奏法など、保育・教育現場に特化した内容を扱います。
「ピアノなんて弾いたこともない」、「小さい頃に習っていたけど嫌でやめてしまった」という人もいることでしょう。でもご安心ください。本学部の授業においては、学習進度によってグループ分けを行ない、1グループ6~7人の少人数制で学生のレベルに応じたきめ細やかな指導を行っています。また授業の空き時間を利用したピアノ課外レッスンを活用することにより、一層充実した学習成果を上げられることでしょう。どうぞ子どもたちに素敵な音楽を聞かせてあげてください!(担当松園先生)

2010年07月29日

春学期インターンシップ報告会

本学科で春学期の毎週火曜日の午後に行われた幼稚園・小学校のインターンシップの報告会が7月20日(火)のⅢ・Ⅳ講時に4104教室で行われました。高槻市内の19の幼稚園、4つの小学校で学んだインターンシップの各学校園23グループの代表学生がそれぞれ5分間の発表をしました。子どもに対する先生の援助、子ども・児童がいないときの先生の仕事などを学ぶことができたなどの発表がありました。

 続いて今回高槻市内でインターンシップを実施するうえで大変お世話になった高槻市教育委員会教育指導課の安原美知子先生が講演されました。「個々の子どもたちの心を読み取ることが先生である。」「一人一人の子どもを見ながら、あいさつのできる先生になってほしい。」などの貴重な意見をいただきました。
さらに、インターンシップ提携校の一校である高槻市立郡家小学校校長の三木正博先生においでいただき、先輩の教師の活躍ぶりをみて自分の将来の教師像を描き、自分自身で考え行動することの大切さを語っていただきました。

2010年12月05日

四字熟語に挑戦!

今回は、広滝先生担当の「日本語表現法Ⅱ」の授業から学生の成果を紹介します。課題は、『四字熟語で「私の夏休み」を紹介しよう。』です。下の図は、1年次生Tさんの作品です。これは既成の四字熟語を2つ以上使用すること、漢字4文字×2を1単位として、作品は5単位以上とすること、音読したときのリズムにも配慮することを条件に作成したものです。

2011年02月04日

2010年度子ども学部学習成果発表会

 2011年2月3日(木)のⅠ・Ⅱ講時4104教室にて2010年度子ども学部学習成果発表会が開催されました。この発表会は1年次生の「教職総合演習Ⅰ・Ⅱ」、2年次生の「子ども学研究入門Ⅰ・Ⅱ」の授業で行われた成果の発表です。学生は各自5分から10分間の時間内に絵や写真、グラフなどを用いて、調査し分析した学習成果を1,2年次生全員と全教員の前でプレゼンテーションを行いました。
 パソコンを活用した幼児向けの電子絵本の製作、幼児虐待についてなどのポスター発表、子どもの臓器移植の問題点、子どもの運動能力の低下について、乳幼児のテレビ・ビデオの長時間視聴が言葉の発達に影響を及ぼすかなどの現代社会において子どもに関する問題など24テーマについて発表されました。

 2年次生の発表は、多少の緊張感を持ちながらも、2回目ということで発表に慣れてきており落ち着き感のある発表が多いのも特徴でした。1年次生の発表においても、課題の見つけ方、課題に対する見方、分析など2年次生に負けないくらい優秀な発表もありました。
 最後に発表を聞いた先生方からコメントがありました。大学生としてきちんとした知識を持てるようにこれからも勉強して欲しい(福永先生)。自分の知識を整理していく、さらに深めていくような勉強をして欲しい(曽我先生)。「知」、「情」のプレゼンターになって欲しい(笠井先生)。もう少しレベルアップができる能力を持っているから、努力を続けて欲しい。テキストを批判的に勉強して欲しい(君島先生)。 坂口副学長は、「1年生の発表もすばらしいものでした。今日の発表の成果を活用して、卒論発表につなげて欲しい。」と講評をいただきました。

2011年06月14日

学生の田植え!

6月8日〔水〕、午前11時30分から子ども学部1年次生が「さわやか農園」で、恒例のうるち米の田植えを、13日〔月〕、午後1時から子ども学部2年次生が授業科目「教科生活」の体験学習の一環として、もち米の田植えを行いました。
 1年次生は全員が4グループに分かれて、曽我先生や三木先生、そして職員の河田さんの指導のもと、グループごとに1株ずつ植えました。田植えは初めて、という学生がほとんどです。ぬかるんだ土に足をすくわれながらも、腰をかがめて丁寧にしっかりと植えていきます。だんだん慣れて、リズミカルな作業になっていきました。
 一方、2年次生は、授業担当の岩渕先生、職員の河田さんの指導で一株ずつ稲植え。もち米の品種を植えました。昨年の経験を生かして、もう慣れたものです。農園を囲む山々に学生の歓声がこだましました。
 今年は、昨年度までの「田んぼ」を改良し、肥料を十分に加えた土と入れ替えました。秋には、今まで以上に豊作になることでしょう。
PT3Y5330-1.JPG
6月8日に植えた1年次生。

IMG_5851.JPG
IMG_5864.JPG
写真は、教科生活を受講している2年次生。

2011年07月01日

今年初めての収穫です。

「保育と園芸」の授業(担当岩渕先生)で育てていたナス、ピーマン、ミニトマトができて、今年初めての収穫
です。

DSCF2738.JPG

DSCF2723.JPG

2011年07月04日

水泳指導法 幼稚園見学 7月4日(月)

「水泳指導法」は、小学校教員を目指す学生に対して開講されている授業科目(担当中村先生)です。
 近年、幼保一元化だけでなく、幼稚園や保育所の小学校への接続・連携の重要性が言われていますが、今日は、幼稚園から小学校への接続についての学びの一つとして、幼稚園の「水遊び」の見学に行ってきました。
 見学場所は、平安女学院大学附属幼稚園。幼稚園の授業で今日が今年はじめてのプールへの入水でした。園児たちは、ばた足をしたり、輪をくぐったりしながら、水に親しみ、歓声を響かせていました。水に親しんで、浮いたり泳いだりすることを楽しむことが小学校での水泳授業の基本となります。園児の元気いっぱい水と親しむ姿に、見学した学生たちも自然に笑顔になりました。

2011年07月05日

水泳指導法 小学校見学 7月5日(火)

昨日の幼稚園での見学に引き続き、今日は高槻市立郡家小学校で水泳の授業を見学しました。
 私たちは普通に「水泳」と言っていますが、本当は、低学年(1・2年生)では「水遊び」、中学年(3・4年生)では「浮く・泳ぐ運動」という領域名で、高学年(5・6年生)ではじめて「水泳」という領域名になります。
 幼稚園では、あまり技術の差はでませんが、小学校3年生くらいになると、それぞれに得意な子と苦手な子がでてきます。
しかし、「苦手だけれども泳ぐことが好き!」という1人の児童の言葉を聞き、「そんな言葉を子どもたちから引き出せるような教員になりたいね」と受講している学生たちは話していました。

2011年07月11日

介護等体験の報告会

2011年7月8日に、介護等体験の報告会を実施しました。介護等体験は人の心の痛みがわかり、価値観の相違を認められる人づくりをめざすため小学校などの教員免許状の取得を目指す人に義務づけられた制度です。実習とは違い“体験”をするだけといえばそれまでですが、何の目的もなしに行くとただ無為に日程を消化するだけとなってしまいます。
 その介護等体験として聴覚支援学校に第1グループとしてお世話になった学生に報告会と称して気楽な感じで感想を聞きました。何をするのか事前に調べたり、指文字で名前を覚えてから行くのですが、それでも1日目は自分の名前を伝えるのはともかく相手の使っている指文字(キュードサイン)が分からなくて困った!なにをどうしたら良いか分からなくて困ったという感想が多かったですが、2日目にはキュードサインを勉強し直して取り組み、「2日だけでは足りない。」とか「個人個人に時間をかけて教育している姿勢がすばらしかった。」、「楽しかった。」といった感想を口々にのべ、充実した体験を終えることができたようです。
 多少とんちんかんだったとしても自分なりに課題を見つけ自主的に情報を収集すればそれは充実した体験につながるということも実感してもらえたら良いのですがどうだったでしょうか。体験を受け入れてくださった聴覚支援学校の教職員の皆様ありがとうございました。

2011年07月25日

保育実習・施設訪問に行ってきました!

7月7日、14日、21日、子ども学部子ども学科3年生、保育士課程の学生達は、保育実習(施設実習)の見学で児童養護施設と知的障害児通園施設を訪問しました。

%E8%81%96%E3%83%A8%E3%83%8F%E3%83%8D1.jpg

多くの学生にとって児童福祉施設を訪れるのは初めてとのこと。事前学習やレポートで準備をしましたが、やはり、皆、緊張の面持ちでした。
しかし、両施設ともに学生の見学を歓迎してくださり、大変丁寧な説明や施設内の案内をいただきました。
%E3%81%86%E3%81%AE%E8%8A%B11.jpg

養護施設の子どもたちの居室や生活の場をはじめて見せていただいた学生は、予想以上の環境の整えられ方に驚いたり、自分のもっていた暗いイメージや偏りが改められたという感想が多くみられました。
療育施設では、一緒にプール遊びをするなど、子どもたちとのふれあいの機会もいただき、感動したという学生が多く、施設実習は是非、発達障害児の療育施設でさせて頂きたいとの声も多く聞かれました。
%E3%81%86%E3%81%AE%E8%8A%B12.jpg

両施設の施設長様、実習担当の職員様、どうもありがとうございました。

2011年07月27日

ゴーヤの赤ちゃん

保育と園芸の授業で栽培しているゴーヤが実り始めました。
写真は7月27日のゴーヤです。
P6566.JPG

2012年04月25日

キャンパス探検

4月23日(月)、教科生活の時間に「キャンパス探検」の授業をしました。そのときに、キャンパス内の自然観察をして、タンポポを見つけました。高槻キャンパスには、カンサイタンポポとセイヨウタンポポが生育していることがわかりました。


2012年06月17日

高槻市立芥川小学校の地域公開授業に参加しました。

6月16日(土)、高槻市立芥川小学校の地域公開授業に、1年次生履修科目「教職総合演習Ⅰ」の時間を利用して行ってきました。
 子ども学部生として2ヶ月が経った1年生ですが、秋学期からはじまるインターンシップに向けて、今、小学校や幼稚園の現状など、文献や新聞記事等を通して学びを深めています。そして、今回、実際の教育現場を見て、さらに学びを深めようとするものです。
 高槻市立芥川小学校では、1年生から6年生まで全ての学年、クラスで公開授業をしていました。授業を見学し終えた学生たちは、「1年生かわいい!だけど、6年生は本当にすごい。こんなにも成長するものなんやね。」など、6年間の学びの大切さを口々に語っていました。また、「教師の話し方ひとつで子どもは全然違うんやねぇ。私にあんな素敵な話し方できるかな…」など、これから教師を目指そうとする自分自身の課題を、具体的に考えることができた学生、そして、「私、絶対に小学校の先生になる!」と夢に向かう意欲を一層強めた学生、様々ですが、それぞれが多くを学んだ一日となりました。
DSC_0424.JPG
DSC_0426.JPG

2012年06月20日

調理実習をしました。

6月4日の「教科家庭」では調理実習を行いました。小学校の家庭科の授業で指導することを想定し、味噌汁と米飯を作りました。各班、ガラス鍋でお米を炊くのに、悪戦苦闘していましたが、最後には自分たちで作ったご飯を満面の笑みでほおばっている姿が見られました。事後レポートでは、小学生に指導する際の留意事項など、実践を通して学んだことをとても具体的にまとめることができ、深い学びの機会となりました。
p_0154.JPG
p_0156.JPG

2012年07月14日

教科体育の模擬運動会

2012年7月7日(土)、教科体育の授業で「模擬運動会」を開催しました。

「教科体育」は小学校教諭を目指す2回生を対象にした科目の一つで、小学校で行われている教科としての「体育」を学びます。体育の領域を一通り学んだ学生は、今回、体育的行事として行われる運動会に焦点を当てて模擬運動会を考えました。

当日、学生たちは教師役も児童役もこなさなければならない一人二役の忙しいひと時でしたが、担当教員二人は校長役・来賓役をして、学生たちが学びの中から考えた運動会をじっくりと見ることができました。

運動会テーマは「運動が苦手な児童も楽しめる運動会」。
運動そのものがもつプレイの楽しさ(競争や模倣の楽しさ等)はきちんと確保した上でのテーマ設定なので、ポイントは種目の設定。

準備体操もオリジナルのものを考え、棒引きやリレー、徒競走など、それぞれルールを上手にアレンジして、誰もが楽しめる運動会をつくりあげていました。
mogi1.jpg

mogi2.jpg

2012年11月08日

グループ製作をしました。

11月8日(木)のⅣ講時の「教科理科」で、単元のまとめ学習をしました。
各グループにわかれて、「昆虫の特徴」や「人のからだのつくり」、「太陽の動き」「メスシリンダーの使い方」などをまとめ、模造紙に書きました。

見やすいように、絵や図を工夫して描き、文字の大きさにも配慮しました。
全体にバランスよくわかりやすく書くことが難しかったですが、グループ内で
話し合って協力し合い完成させました。

IMG_0198.JPG

IMG_0199.JPG

2012年11月13日

調理実習をしました。

11月1日(木)のⅡ講時に「幼児の栄養管理」の授業で
調理実習をしました。

調理実習の献立名は、幼児食です。
昨日、園児と1年次生が掘ってくれたサツマイモを
早速使用しました。
きれいに盛り付けをして、とてもおいしく出来上がりました。

作ったものは、次の通りです。
P018.JPG

P034.JPG
「フルーツサラダ」:フルーツにヨーグルトとレモンをかけ、ビタミンと食物繊維をたっぷり摂ろう。

P043.JPG
「スィートポテト」:さつまいもをつぶして、バターと牛乳を混ぜて簡単なおやつをつくろう。


P055.JPG
「さつまいもグラタン」:さつまいもを乱切りにして、しっかり噛み、素材のおいしさを感じさせる。

2012年11月15日

水溶液の性質実験

11月15日(木)のⅣ講時の教科理科で、水溶液の性質実験をしました。
紫キャベツを用いて、身近なものの酸性・アルカリ性の実験をしました。
実験内容の説明を聞き、試験管などの準備をして、グループごとに実験を行いました。最後には、実験した内容をレポートに書きました。

「思っていたよりも鮮やかに色がでたので驚きました。」
「入れるもので全然違う色になったのですごいなと思いました。自分の身近にあるものでできるため、また自分自身でやってみたい。」
「どの水溶液を入れたらどんな色の水溶液ができるかが気になってわくわくした。」などの学生の感想がありました。

IMG_0297.JPG

IMG_0294.JPG

IMG_0288.JPG

2012年11月21日

園外保育(遠足)体験

 11月21日(水)子ども学科4年生の実習事後指導で、「園外保育(遠足)体験」の授業を行ないました。
実際に、保育者役と子ども役に分れて、引率する場合の注意点を確認しながら、行ないました。
行き先は、万博「自然文化園」です。公共交通機関を利用するという設定です。バスの乗降の注意点は?人数確認は?トイレ休憩は?電車のホームに上がるときにはどこから?ホームでの注意は?と、確認事項満載です。幼稚園児・保育園児を引率する難しさを感じながらの往路でした。
 でも、自然文化園は、紅葉真っ盛り。お天気にも恵まれて、自然を満喫できた園外保育体験授業でした。

DSC_0565.JPG

DSC_0571.JPG

2013年01月18日

卒論の提出

1月18日(金)午後5時、卒業論文提出を締め切り、全員無事提出することができまし
た。
卒論は大学で勉強して来たことの集大成です。
3年生からはじまった専門演習(ゼミ)において、研究テーマを設定し、2年かけて
コツコツと書き上げてきた論文をようやく提出することができました。
次は卒業論文の審査(口頭試問)が待っています。みなさん、まだ安堵は出来ません
よ。
IMG_0193.jpg
IMG_0195.jpg


写真は、提出締め切り直前になって、窓口が混雑している様子です。担当教員も心配
になって一緒に駆けつけています。
卒論はもっと余裕をもって早めに提出しましょう (笑)

2013年04月18日

今年度から伝統文化論(茶道)が新しく開講しました

4月11日(木)より伝統文化論(茶道)の授業が始まりました。これは今年度から新しく開講された授業で、茶道裏千家の修道方針である『道・学・実』の立場から探求するものです。初回は、まず倉斗先生の講義を教室で受けたあと、和室のセミナー室に移動しました。茶道の授業ために畳を入れ替えたセミナー室は、新しい畳の香りに包まれていて、それだけで落ち着いた気持ちになります。初回の授業は、まず座ったままの挨拶の仕方の練習でした。倉斗先生の分かりやすいご指導のもと、数回の練習で美しい挨拶ができるようになり、そのあとお茶をいただきました。

4月18日(木)の2回目の授業では、関根先生から「茶の湯」の文化についての講義がありました。茶道とは、美味しいお茶を点てるためのお湯をいかにしてつくるか、という湯の文化であると教えていただきました。次回からは自分でお茶を点てる授業となる予定です。

IMG_0366.jpg

IMG_0368.jpg

IMG_0379.jpg

IMG_0390.jpg

2013年05月21日

お楽しみ会(幼稚園就職対策課外授業)

幼稚園就職対策講座の課外授業として、5月21日(火)の5講時、附属幼稚園のリズム室で、1年生を中心に「お楽しみ会」を開催しました。

幼稚園就職対策講座では、幼稚園で役に立つことをグループ学習しています。今回は、保育所・幼稚園では毎月お誕生日会やお楽しみ会などの集いを、自分たちで計画して実演することにしました。

子どもたちが出し物をみて楽しさを感じ、自分もやってみたいと思える内容を考えてもらいました。出し物を何にするかという会議から初め、制作、練習を重ね、ようやく発表までこぎつけました。1グループの持ち時間は15分、それぞれのグループの題目は以下のとおりです。

1.5ひきのこぶた
2.ぐりとぐらのパンケーキ
3.大きなかぶ
4.不思議の国のアリス
5.歯をみがきましょう
6.ももたろう

残念ながら、写真を撮るのを忘れました。

2013年07月10日

リメディアルの授業で第2回「お楽しみ会」を開催 

リメディアルの授業は「幼稚園の生活を知る」という狙いのもと、保育所・幼稚園の生活の中で行っている集い(お楽しみ会)に視点をおき、1年生を中心として進めてきました。
第2回お楽しみ会(発表会)では「課題絵本」の中から題材を選び、絵本の内容やストーリーを理解し、登場人物になりきって演じることができるように練習に取り組みました。

日 時  7月9日(火)
場 所  付属幼稚園2階リズム室    
   
1 どうぞのいす(ペープサート)
2 ともだちほしいなおおかみくん(劇)
3 11ぴきのねこ(ペープサート)
4 おおかみと七ひきのこやぎ(劇)
5 三ひきのやぎのがらがらどん(ペープサート)
6 11ぴきのねこ(ペープサート)

DSCF5539-2.jpg

DSCF5544-2.jpg

DSCF5551-2.jpg

2013年07月30日

「保育内容研究(表現活動)」で劇やオペッタを演じました

7月29日(月)4講時、「保育内容研究(表現活動)」の授業で、劇やオペレッタを演じました。大道具や小道具の作成に時間をたっぷりとかけたので、素敵な舞台ができました。


20130729-Operetta-01.jpg


20130729-Operetta-02.jpg


20130729-Operetta-03.jpg


20130729-Operetta-04.jpg

20130729-Operetta-05.JPG

20130729-Operetta-06.JPG

20130729-Operetta-07.JPG

20130729-Operetta-08.JPG

2013年10月18日

なかよしキッズタンス

10月14日の高槻市民スポーツ祭にて、子ども学部の学生が、なかよしキッズダンスの指導を担当しました。昆虫太極拳とエビカニクスを踊りました。それぞれ10分ずつ踊って、20分間が1回公演で、合計6回公演しました。子どもたちだけでなく、お母さんやお父さんも一緒に踊って、楽しんでくれました。

動画をYoutubeで限定公開していますのでご覧下さい。それぞれ2分程度の動画です。

昆虫太極拳
http://youtu.be/dkOTufhIGgc


エビカニクス
http://youtu.be/sZ6xXTN3_G8

2013年10月24日

高槻市バリアフリー体験学習にボランティア参加

高槻市都市創造部都市づくり推進課では、市内の小学校に出向いて「バリアフリー総合学習」を実施していますが、10月23日(水)には上牧小学校で4年生を対象にした「バリアフリー体験学習」が行われました。平安女学院大学では小学校教育実習指導の一環として子ども学部の4年生が体験学習のお手伝いに行きました。

バリアフリー体験学習とは、体育館のなかにマット等の障害物を設置し、車イスやアイマスク体験を通じて、高齢者や障害者等の身体的弱者の困難を自らの問題として認識するための取組みです。まずは会場を設営し、自ら車イス体験をしたのち、以下の体験学習のお手伝いをしました。

 車イス体験・・・車イスを用いての利用体験及び介助体験
 視覚障害体験・・アイマスクを使用しての擬似体験及び介助体験
 バス乗降体験・・ノンステップバスのスロープを使用しての車イス体験

20131023-138.JPG


20131023-158.JPG

20131023-160.JPG

20131023-194.JPG

20131023-197.JPG

20131023-203.JPG

2014年04月11日

アーセン先生の英語の授業が始まりました

新学期の授業は9日から始まりましたが、1年生の英語の授業の1回目は11日でした。カナダ出身のアーセン先生が、英語だけで授業を進めていきます。最初は緊張していた学生たちも、次第に打解けて、笑顔で英語を話すようになっていきました。今後が授業が楽しみです。

20140411-1.JPG

20140411-2.JPG

2014年11月14日

お芋掘り

 1年生がジェネリックスキルズの授業の中で、秋晴れの水曜日(11月5日)5月に植えたサツマイモの収穫をしました。附属幼稚園の年長さんと一緒に土を掘り、中からお芋が顔を出すと、子ども達から歓声が上がり力を合わせてお芋を掘り出しました。土の中から出てきたお芋は「でっかいおいも」「ちいちゃなおいも」「まっかなおいも」でした。
 次の水曜日(11月12日)、ふかし芋にして食べました。
 そのお味は、夏の暑い日も水やりや、草取りをして育てた愛情たっぷりの、あまーいおいしいお芋でした。

2014年11月21日

平安女学院大学子ども学部の教職実践演習

教職免許(平安女学院子ども学部の場合は幼稚園教諭一種免許と小学校教諭一種免許)を取得する場合は教育実習を行った後教職実践演習という科目を履修します。この科目では、1年次から作成した教職カルテを確認して教員として必要とされる知識や技能が身についているかどうかを確認し、足りないところがあれば大学生最後の時間を使って補いを行います。平安女学院大学子ども学部では、その一環として小学校の教員を目指している学生は小学校での発展実習、幼児教育を目指している学生は学童保育室で発展実習を取り入れています。これらの実習は高槻市教育委員会、高槻市子ども未来部の協力のもと、包括協定書にもとづき実施しています。さすがに4年次となるとほとんどの学生は自分の課題を見つけて自主的に実習をしています。実習先を覗いた際にもみな自分なりの課題を持って積極的に活動できているようでした。

2014年11月25日

インターンシップ幼稚園巡回訪問エピソード

高槻市立の幼稚園にインターンシップの巡回訪問に行ってきました。尋ねていくと、子ども達は、「どこからきたの」「だれのおかあさん」と寄ってきます。「○○お姉ちゃん先生の先生よ」と答えると安心して自分たちの遊びに帰っていきます。

しかし、今回、アーセン先生と一緒に行くと「ハロー」「マイネームイズ○○」と自分の知っている英語でアピール。子ども達とアーセン先生との楽しい英語の時間が始まりました。

(赤松)

2014-11-25-%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%BB%E3%83%B3%E5%85%88%E7%94%9F.jpg

2015年05月05日

1年生体育実技授業紹介

 明るく活力ある生活を営む方法として、スポーツの在り方について学んでいます。また、運動不足となりがちな学生の生活習慣を解消するとともに、継続的にスポーツが実施できるよう生涯スポーツの視点を考えながら授業展開をしていきます。
 今後は、バスケットボール・硬式テニス・バドミントン・サッカー等々のスポーツに取り組みます。今回は、大学生になって初めて実施した体育実技(小学校で誰もが経験した)跳び箱運動について紹介します。

 西尾:「それでは、今日の体育実技は跳び箱運動をします。」
 学生:「え~。跳べません。」「無理です。」





IMG_1196%20%281024x684%29.jpg
IMG_1224%20%281024x684%29.jpg

IMG_1229%20%281024x684%29.jpg

IMG_1264%20%281024x684%29.jpg

 西尾:「みんな上手!」
 学生:「調子良くなってきました。何か跳び箱のコツ、思い出してきました!」
 西尾:助走・・・・「弾むように走っているよ。」「腕がよく振れているね。」
    踏み切り・・「高く入っている。」「バンと強い踏み切りだ。」「両足がそろっている。」
    着手・・・・「手のつきはなしがしっかりしている。」「前に手をついている。」
    フォーム・・「空中に浮いている。」「腰の位置が高いぞ。」「よく膝が伸びている。」
    着地・・・「ふらつかないよ。」「バネのような着地だね。」「いい表情。」
 学生:「小学生に戻った気分。楽しかった。」

IMG_1298%20%281024x684%29.jpg

2015年05月19日

英語コミュニケーションI:授業紹介

In English Communication 1, we are doing a lot of group work. Students
work in small groups, helping each other to practice English exercises in
the textbook. They also practice answering questions that the teacher asks
them. The students are very focused and hardworking.

2015年05月22日

4年生『わらべうた講習』

 今日は2015年5月11日(月)に行われた「保育実習指導Ⅰ(事後)」授業のご紹介をします。この授業は3年次に保育実習を経験した4年生の授業です。この日は特別に、神戸コダーイ芸術研究所の横山優子先生に「わらべうた」の授業をしていただいきました。

 授業開始、横山先生の美しく優しい声が響くと、教室の雰囲気ががらっと変わります。

 先生が一人の学生向かい合って「♪メンメンスースー」と歌い、顔を触ります。学生は緊張と、照れた気持ちと、嬉しさが入り混じったような何とも言えない表情ですが、周りの学生もくすぐったそうな表情で見守ります。最後の「♪チュ」で周りの学生も思わず笑顔になります。

IMG_1140.jpg
 次は学生同士でペアを組んで実践です。大人役の学生は子ども役の学生に、覚えたての歌を優しく歌って優しく触れます。子ども役の学生は目の前でじっと見つめられてどきどきしながら触れてもらいます。今度は役割交代です。学生たちは子どもと大人の両方の役を体験し、少し緊張の糸がほどけ、教室の中に楽しい雰囲気が広がります。
IMG_1144.jpg
 一対一で触れるわらべうたでたっぷり遊んだあとは、布を使った「♪うえからしたから」や、みんなで手をつないで大きな輪になって遊ぶ「♪もぐらどんの」等のわらべうたも教えてもらいました。友達と歌のリズムや歩くテンポを合わせて遊ぶのは、一対一の親密なわらべうたとはまた違い、みんなとつながる経験になりました。
IMG_1152.jpg
 先生からはわらべうたの実践だけではなく、大人が子どもと向かい合い、目と目を合わせ、触れ合って「歌をプレゼントする」ことの大切さや、鼓動のリズムで歌うことで子どもたちが落ち着き安心すること。また、わらべうたは子どもたちの生活の中から生まれ歌い継がれてきたものであること。子どもたちが「♪あ~そ~ぼ~」「♪い~けないんだ~」等と日常の生活中で使う音(「ファ」と「シ」の音を抜いた五音音階)でできていて、子どもたちにとって歌いやすいこと、なども教わりました。

 6月に幼稚園教育実習をひかえた緊張が高まる時期でしたが、90分間自分の体を使って、先生や友達と触れ合い、温かい声につつまれた学生たちは、終了後はみな柔らかく充実した表情になっていました。
 学生たちからは、
「わらべうたは一人ひとりの子どもたちと深く心が通い合うような気分になりました。」
「歌うだけではなく身体に触れることで、子どもたちは自分を見てくれている、愛してくれているという気持ちになり、愛着形成にもつながると思った。とても温かい気持ちになった。」
「しっかり覚えて子どもたち一人一人に言葉、歌をプレゼントできる先生になりたいと思った。」
といった感想が寄せられました。

2015年05月28日

ゴールデンウィーク中のボランティア活動2

「TTキッズ祭り」 テニスガーデン高槻

CIMG1194%20%281024x768%29.jpg

「ボランティアの春です!
 積極的に教育ボランティアに参加しましょう!」

 学生がゴールデンウィーク中に行ったボランティアの2つめです。

5/5(火)祝日 8:30~16:00 ※ 授業日です
 内容
 ・ 来場者の受付
 ・ 各お店の支援(花屋、お寿司屋、焼きそば、等多数)
 ・ 小学生の職業体験支援
主催:地域の企業連 後援:高槻市教育委員会

 5月5日子どもの日、奈佐原のテニスガーデン高槻で開催された「TTキッズ祭り」に子ども学部の4年次生の学生9名がボランティアに参加しました。TTキッズ祭りは、地域企業経営者組織(TT会)が、子どもたちのキャリア教育の一環として開催した職業体験イベントです。
 当日は近隣の小学生約300名が、お寿司屋さん、花屋さん、運送事業・トラックや重機の試乗などの職業体験に参加しました。本学学生は、受付や各ブースにて経営者と子どもたちとの間に入り職業体験のサポートをして活躍しました。最初は緊張気味だった子どもたちも、すぐに学生ボランティアたちと打ち解け、真剣に、そして時に楽しく会話をしながら、「お仕事」に夢中になっていました。
 晴天の中、地域の人々にも支えられ、総勢500名の参加者でにぎわい、TTキッズ祭りは大盛況に終わりました。参加児童の感想からもイベントへの満足度の高さが把握できました。また、主催者のみなさんからは、本学ボランティアが本当に子どもたちとよく接してくれたと感謝の言葉をたくさんいただきました。

2015年06月01日

ゴールデンウィーク中のボランティア活動3

「みどりのカーニバル」 今城塚古墳

CIMG1244%20%281024x768%29.jpg

「ボランティアの春です!
 積極的に教育ボランティアに参加しましょう!」

 学生がゴールデンウィーク中に行ったボランティアの3つめです。
CIMG1233%20%281024x768%29.jpg

5/10(日) 9:00~16:00
 内容
 ・ 来場者の受付
 ・ 駐車場、駐輪場への誘導
 ・ ブースの支援
主催:高槻市子どもの月間実行委員会 後援:高槻市教育委員会

 この取り組みは、毎年5月を「子どもの月間」と定め、「子どもたちを心豊かに」をテーマに、関係機関及び団体が連携し、子どもの健全な育成の推進を図ることを目的に事業が実施されています。教育委員会やNPO団体からの依頼もあり、4年次生9名と3年次生4名の合計13名が参加しました。
CIMG1303%20%281024x768%29.jpg
 ボランティアの内容は、受付、駐車場・駐輪場の整理、警察ブースのお手伝いです。開場には多くの地域住民や子どもたち、そして子どもに関連した各種団体等で賑わっていました。快晴ということもあり、公式発表で約6,000人の参加者が今城塚古墳公園に来場されました。
 学生たちも真っ赤に日焼けした顔で、元気にはつらつとして来場者に対応していました。担当の職員さんからも、「何よりも明るく、笑顔ではきはきと対応し、自分で判断して臨機応変に対応する姿がとても印象的でした。」とお褒めの言葉をいただきました。
CIMG1258%20%281024x768%29.jpg

2016年07月26日

ミニビブリオバトル

2年生のジェネリックスキルズの最終授業では、ミニビブリオバトル決勝戦をしました。
前回各クラスで行われた予選会で選ばれた3名×3クラスが集結。
2年生、全学生が集まる中いよいよバトルです!

子ども・教育に関係する内容で、学生たちが面白いと思った本をそれぞれが3分間でプレゼン。


全ての発表終了後に、「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を参加者全員一票で行い、

最多票を集めたものを『チャンプ本』として選びます。

結果は・・・・何と最後の1票を開票するまでわからない接戦に!!


そしてチャンプ本は・・・・


亀村 五郎著「幼児のつぶやきと成長」に決定!!

一票差で、
次点に、保育の言葉かけ研究会編「保育の言葉かけタブー集」でした。


表彰式での満面の笑顔!


About 授業

ブログ「平安女学院大学 子ども教育学部」のカテゴリ「授業」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは実習です。

次のカテゴリは入試情報です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。