メイン

実習 アーカイブ

2009年05月27日

さつまいもの苗植え

子ども学科のみんなで、高槻キャンパス内の大学のさわやか農園でさつまいもの苗植えをしました。
IMG_3215.JPG

2009年06月11日

田植え

大学のさわやか農園で子ども学科の学生みんなで田植えをしました。

IMG_3278.JPG
IMG_3339.JPG

2009年07月08日

小学校の授業見学

小学校へ授業見学に行きました。

CIMG0933.JPG

CIMG0905.JPG

2009年10月20日

かかしさん

お米を守ってくれた、かかしさんたちとも今日でお別れです。本当にありがとう。また来年もよろしくお願いします。

IMG_5778.JPG

稲刈り

高槻キャンパス内のさわやか農園で稲刈りをしました。春に田植えをした苗が大きく育ってくれました。
収穫に園児さんたちも手伝ってくれました。

IMG_5945-1.JPG

IMG_5986.JPG

IMG_6010.JPG

朝日放送のテレビで放映されます。

朝日放送の「NEWS ゆう+プラス」の「先生のつくり方・第3弾~新人教師も踏ん張る秋の陣~」の企画で、10月20日火曜日、午後6時10分以降8~10分間で放送されました。
郡家小学校の新人教師4名と平安女学院大学子ども学部の学生のインタビューがありました。「教職総合演習Ⅱ」で笠井先生の担当クラスの学生5名でした。

2011年05月18日

保育所実習事前指導

「保育所実習事前指導」の授業では、学生オリジナルのパネルシアターを制作し、5月18日に学生一人ひとりがみんなの前で発表しました。
 学生は緊張して発表していましたが、どれも個性的で楽しい作品ばかりでした。
教員からは、よりよく演じるための工夫などの指導を受けていました。

%E5%86%99%E7%9C%9F%201.jpg

%E5%86%99%E7%9C%9F%202.jpg

%E5%86%99%E7%9C%9F%203.jpg
%E5%86%99%E7%9C%9F%204.jpg

2011年05月24日

2011年度保育所インターンシップの説明会

 5月24日に1,2年次生全員に対し、2011年度の「保育所インターンシップ」の説明会を実施いたしました。本学部生が保育所で就業体験を積む 「保育所インターンシップ」は、4年間の積み上げ課程の1、2年次段階に正課外プログラムとして設定しており、意欲と動機が明確で、誠実に取り組むことができる参加希望者を対象にしています。
 保育所での研修は、「高槻市と平安女学院大学及び平安女学院大学短期大学部とのインターンシップに関する覚書」を締結している自治体、高槻市子ども部を介して、受け入れ申し込み等を行っています。

2011年06月11日

介護等体験直前指導を行いました.

6月20日(月)と21日(火)の介護等体験を間近に控えて、6月10日(金)に直前の事前指導
を実施しました。今回の参加者は15名で聴覚支援学校にお世話になります。体験活動
の参加に向けて緊張した様子でしたが、いろいろと質問が飛び交いました。最後に参
加者が一人ずつキューサインをつかって自己紹介の練習を行いましたので、アニメに
まとめてみました。
kaigototaiken1.gif

2011年06月28日

教科家庭の調理実習

6月27日(月)に教科家庭(担当武智先生)にて、小学校家庭科で設定されている「ご飯とみそ汁」の調理実習を行いました。透明なガラス鍋で、米からご飯へ変化していく様子を観察し、昆布とかつお節で出汁をきちんととりました。日本の伝統的な日常食について理解が深まりました。

110627%E5%AE%B6%E5%BA%AD%E5%AE%9F%E7%BF%92%E5%86%99%E7%9C%9F%20006-1.jpg

110627%E5%AE%B6%E5%BA%AD%E5%AE%9F%E7%BF%92%E5%86%99%E7%9C%9F%20010.jpg

110627%E5%AE%B6%E5%BA%AD%E5%AE%9F%E7%BF%92%E5%86%99%E7%9C%9F%20011.jpg

2011年07月14日

施設見学に行きました。

3年生は9月より、いよいよ保育実習(保育所)が始まります。
保育実習事前指導も教案づくり、個人票の作成、日誌の書き方の指導等佳境に入ってきました。
 また、来年2月には保育実習(施設)もあります。7月12日にその実習対象施設であるうの花療育園に見学にいきました。学生はそれぞれのクラスに入って、園児たちと触れ合う機会をつくっていただきました。丁度プール遊びが始まり、学生たちは園児たちの歓声、泣き声、思わぬ行動などにどまどいながらも、一生懸命応対し、充実した、楽しい一時を過ごしていました。
11_002a.jpg

2011年09月02日

保育所実習出発式!

9月2日(金)、子ども学科Ⅰ期生の最初の実習、「保育所実習Ⅰ」の出発式が行われました。実習に出る3年生全員が集まり、最終的な確認をした後、保育実習担当教員(松尾先生、福永先生、井上先生)、学科長一人づつから期待と激励の言葉が贈られました。
学生たちは、週明けの実習開始を前に不安と緊張があるようでしたが、それぞれ不安が払しょくされたり、実習の原点が確認できたり、実習に向かう姿勢をいま一度整理する機会になりました。
IMG_7360.JPG


 「子どもを認めてほめる、子どもの気持ちを考える、子どもの話をしっかり聞く、子どもの個性を伸ばす」、それは、「子どもを信じて待つ」ことではないか、そしてそのために基本になるのは、「いつも明るく笑顔で接する」こと。しかし実習においては、1日をしっかり子どもに向き合わなければそのようなことも見えてこない。
しっかり観察し、行動し、吟味し、考えて、実習日誌を書くこと。
とにかく実習が始まったら「自信を持って思い切ってやること」。
 その他、さまざまな激励の言葉が次々に語られていく中で、子ども学科の保育実習の伝統がこうしてつくられていくのだという感慨を禁じ得ませんでした。この日の熱意は近づく台風さえも吹き飛ばすかのようでした。
実習では、上手くいかないことも楽しいこともあるでしょう。
しかし一つひとつの感動が学生たちを大きく成長させてくれるに違いありません。そのことが確信できる「送り出し会」となりました。(実習担当:福永)


IMG_7363.JPG

2012年07月25日

被服実習

6月25日、7月2日の「教科家庭」では被服実習として、京都教育大学の先生が考案された「おたまじゃくしぞうきん」をみんなで作成しました。ミシンと手縫いの基本を確認しながら縫い進め、最後には各自オリジナルの目を取り付けました。裁縫が苦手だった子も一生懸命作業をし、とってもかわいらしい雑巾たちが出来上がりました。環境保全のシンボル「カエル」の子であるおたまじゃくし・・・今後、各学生がこの雑巾を使って、学内や家庭の環境をより美しく変えてくれることを期待しています。

p_0162.JPG

2012年12月18日

小学校インターンシップ報告会を開催しました。

子ども学科では1・2年次に小学校か幼稚園でインターンシップを行なっています
(秋学期、週1回、合計8回)。
今年は、小学校インターンシップは、12月4日(火)までで、幼稚園インターンシッ
プは12月11日(火)まででした。
そして、12月18日(火)のⅠ・Ⅱ講時、4104教室には、小学校インターンシップに参加した学生たちが、どのようなことを学んだかを発表する報告会を開催しました。
発表はスライドを上映し、スライドとは別の手元資料を配布しました。
各学生ともに、「学校紹介」、「学んだこと」、
「支援が必要な子への対応」、「今後の課題」について報告を行いました。
IMG_3829_640.jpg

IMG_3854_640.jpg

IMG_3898_640.jpg

2013年01月08日

幼稚園インターンシップの報告会

2013年の1月8日(火)9時10分から12時20分まで4104教室にて、2012年度子ども学部の幼稚園インターンシップの報告会を開催しました。
本日は、新年早々の授業開始から2日目です。1年生と2年生が合同で、高槻市内の公立幼稚園22園に分散して、週1回のインターンシップを行なった成果の発表です。幼稚園毎にまとまって、スライドと配布資料を作成し、グループ発表しました。
IMG_4139.jpg

IMG_4197.jpg

IMG_42350.jpg

2013年05月22日

施設実習巡回訪問指導のためのFD

子ども学科3年次生の施設実習(保育実習I)が6月17日(月)から28日(金)の日程で始まります(一部の児童福祉施設では実施時期が前後し、早いところでは6月1日(土)から開始されませす)。

この期間、実習担当教員は、施設を巡回訪問して実習生を指導します。そこで施設実習に関するう巡回訪問指導についての留意点について、子ども学科の教員を集めてFD(ファカルティ・ディベロップメント)を行ないました(FDとは、教員の能力向上のための組織的取組みのことです)。

講師は福永英彦先生です。君島茂先生が質問してそれに応えるという対談形式にしたため、非常に分かりやすく要点をつかむことができました。

FD20130522.jpg

2013年09月02日

保育実習Ⅰ(保育所)が始まりました

子ども学部の3年生の保育実習Ⅰ(保育所)が、9月2日(月)から9月13日(金)の11日間の予定で始まりました。日曜日はお休みですが土曜日は実習します。約2週間、主として高槻市立の保育所で実習させていただきます。

既に6月に施設実習を終えていますが、保育所は1年生か2年生のときに行った3日間の保育所インターンシップを経験して以来です。保育所での本格的な実習は今回がはじめてです。8月30日に行なった直前指導には、全員緊張感をもって臨んでいました。

写真は過去の実習イメージです。

20100615-jisshuu.jpg

2013年11月17日

オープンキャンパスで就活奮闘体験談

子ども学科の4年生が、11月17日のオープンキャンパスで、教育実習や小学校教諭採用試験受験についての体験談を、受験生に向けて語りました。

また、お昼の休憩時間には、軽音楽部が演奏しました。


IMG_0914.jpg

IMG_0920.jpg

IMG_0924.jpg

2014年06月23日

教育実習に奮闘! ますます先生になるぞという気持ちがより強く

4年生のうち14人が小学校の教員をめざし、今季の教員採用試験の準備を進めたり、
教員としての資質について学んでいます。全員が高槻市内の公立小学校へ二十日間の
教育実習に行きますが、この5,6月にはトップをきって四名が郡家・津之江両小学校で教育
実習を行い、研究授業にも取り組みました。

教育実習に奮闘! ますます先生になるぞという気持ちがより強く

4年生のうち14人が小学校の教員をめざし、今季の教員採用試験の準備を進めたり、
教員としての資質について学んでいます。全員が高槻市内の公立小学校へ二十日間の
教育実習に行きますが、この5,6月にはトップをきって四名が郡家・津之江両小学校で教育
実習を行い、研究授業にも取り組みました。

2014年07月02日

3年生の保育実習がスタートしました

 3年生の保育実習がスタートしました。6月の中旬から10日間に亘り
31名の学生が、京都府内、滋賀県内、大阪府内の児童養護施設、乳児院、
知的障害児入所施設、障害者支援施設などで施設実習を行いました。
 初めての実習に緊張していた様子もありましたが、利用者の方と生活を共にする中で、一人一人を理解することの大切さや自分の課題に気づく実習になりました。

幼稚園実習

 4年生36名が6月2日から幼稚園実習に行ってきました。
行く前は、子どもとのかかわり方、先生たちとのかかわり方、指導案の書き方、長い4週間の実習期間など不安なことだらけだったようです。
 1週間を過ぎたころから実習訪問を開始し、幼稚園に出かけると、学生が子ども達と交じって笑顔で遊んでいます。「実習はどうですか?」と、問いかけると「子どもがかわいいです」「もっと、子ども達のそばにいたいです」と返事が返ってきました。その顔は、学校で見る顔と違って、幼稚園の先生の顔になっていました。実習を通して目の前の子ども達から、多くの学びを得たことと思います。

%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%E5%AE%9F%E7%BF%92%E9%A2%A8%E6%99%AF.jpg

%E5%AE%9F%E7%BF%92%E2%91%A0.JPG

2014年12月09日

3年次生の保育実習が終わりました

保育士資格取得に必要な保育実習は、まず6月に養護施設や乳児院、障害児通所施設、障害者入所施設などで行います。この施設実習では、それぞれの施設に宿泊することが多く、子どもたちと生活を共にする中で、施設の役割や子どもたち一人一人を理解することの大切さを学びました。

9月には公立保育所で保育所実習を行い、保育所の一日の流れや乳幼児の発達の姿などについて授業での学びを体験から再確認しました。

そして、11月の保育所実習では配属クラスの年齢や子どもの姿、子どもの興味、関心などを基に、自ら全日または半日の保育の指導案を考え、教材を準備し、実践しました。

実習を終えた学生たちは「実習楽しかった」「指導案考えるのは大変だったけど、子どもたちがとても楽しんでくれた」「楽しかったことをお家に帰ってからも話しているのを知ってとても嬉しかった」など報告してくれました。

子どもたちとの関わりや、保育を進めていく経験をする中で、保育士になった時の自分を具体的に思い描けた保育実習になったようです。今、3回の実習のまとめをしている最中です。

(野本)

2015年01月20日

保育所インターンシップ研修報告会

1月20日(火)、保育所インターンシップ研修報告会を行いました。

保育所インターンシップ研修は、昨年まで夏休みと春休みに行っていましたが、今年度から授業の中で行うようになりました。1・2年次生合計56名が高槻市立保育所14か所に前半と後半に分かれて4日間づつ研修に出かけました。

研修では0歳児クラスから5歳児クラスに入り、乳幼児と遊んだり、着替えやお昼寝など生活面のお世話をして子どもと関わったり、保育士の子どもへの関わりを見て多くのことを学びました。

さらに、おもちゃや教材作り、部屋の掃除、園庭の環境整備など保育士の様々な仕事を体験しました。報告会では、子どもの成長を見守り、保育していく保育士の仕事の大変さや素晴らしさを実感したことや、自分自身のこれからの課題についての報告がされました。

また、今回のインターンシップ研修は前半後半に分かれていきましたので、保育所での研修と同時に高槻市内や茨木市の民間保育園にも見学に行き、様々な特徴ある保育園の取り組みを学び視野を広げることができました。

20150120-2-0.jpg

20150120-2-1.JPG

20150120-2-2.JPG


「3次生から2次生へ実習のアドバイス」保育実習報告会をしました

1月20日(水)保育実習報告会をしました。施設実習、保育実習Ⅰ、Ⅱのすべての保育実習を終えた3年次生が、来年度保育実習にいく2年次生に向けて、子どもや職員から学んだこと、実習で苦労したこと、嬉しかったこと、実習前にしておいてよかった事、保育士の専門性を深めるための今後の課題などについて詳しく報告しました。

養護施設 乳児院、障がい児施設、障がい者施設、乳児クラス 幼児クラス 異年齢児クラスの7グループからの報告は実習を終えた学生の達成感と、学びの深さが伝わってくるものでした。また、具体的なエピソードも満載で、2年次生はメモを取りながら真剣に聞いていました。

なお報告内容は事前に報告集にまとめて配布しました。


20140120-2-1.JPG

20140120-2-2.JPG

20140120-2-3.JPG

20140120-3.JPG

2015年05月22日

4年生『わらべうた講習』

 今日は2015年5月11日(月)に行われた「保育実習指導Ⅰ(事後)」授業のご紹介をします。この授業は3年次に保育実習を経験した4年生の授業です。この日は特別に、神戸コダーイ芸術研究所の横山優子先生に「わらべうた」の授業をしていただいきました。

 授業開始、横山先生の美しく優しい声が響くと、教室の雰囲気ががらっと変わります。

 先生が一人の学生向かい合って「♪メンメンスースー」と歌い、顔を触ります。学生は緊張と、照れた気持ちと、嬉しさが入り混じったような何とも言えない表情ですが、周りの学生もくすぐったそうな表情で見守ります。最後の「♪チュ」で周りの学生も思わず笑顔になります。

IMG_1140.jpg
 次は学生同士でペアを組んで実践です。大人役の学生は子ども役の学生に、覚えたての歌を優しく歌って優しく触れます。子ども役の学生は目の前でじっと見つめられてどきどきしながら触れてもらいます。今度は役割交代です。学生たちは子どもと大人の両方の役を体験し、少し緊張の糸がほどけ、教室の中に楽しい雰囲気が広がります。
IMG_1144.jpg
 一対一で触れるわらべうたでたっぷり遊んだあとは、布を使った「♪うえからしたから」や、みんなで手をつないで大きな輪になって遊ぶ「♪もぐらどんの」等のわらべうたも教えてもらいました。友達と歌のリズムや歩くテンポを合わせて遊ぶのは、一対一の親密なわらべうたとはまた違い、みんなとつながる経験になりました。
IMG_1152.jpg
 先生からはわらべうたの実践だけではなく、大人が子どもと向かい合い、目と目を合わせ、触れ合って「歌をプレゼントする」ことの大切さや、鼓動のリズムで歌うことで子どもたちが落ち着き安心すること。また、わらべうたは子どもたちの生活の中から生まれ歌い継がれてきたものであること。子どもたちが「♪あ~そ~ぼ~」「♪い~けないんだ~」等と日常の生活中で使う音(「ファ」と「シ」の音を抜いた五音音階)でできていて、子どもたちにとって歌いやすいこと、なども教わりました。

 6月に幼稚園教育実習をひかえた緊張が高まる時期でしたが、90分間自分の体を使って、先生や友達と触れ合い、温かい声につつまれた学生たちは、終了後はみな柔らかく充実した表情になっていました。
 学生たちからは、
「わらべうたは一人ひとりの子どもたちと深く心が通い合うような気分になりました。」
「歌うだけではなく身体に触れることで、子どもたちは自分を見てくれている、愛してくれているという気持ちになり、愛着形成にもつながると思った。とても温かい気持ちになった。」
「しっかり覚えて子どもたち一人一人に言葉、歌をプレゼントできる先生になりたいと思った。」
といった感想が寄せられました。

2015年07月07日

2015年度 幼稚園教育実習

 「実習すごく、勉強になりました。先生たちからもよくしていただき幼稚園の先生になりたいと思いました」と笑顔の報告が学生からありました。
 5月29日実習前、最後の授業では、初めて行く幼稚園の現場、4週間という長い期間をどう過ごしていけばいいのか不安いっぱいの顔が、少し自信に満ちた笑顔たっぷりの顔になって帰ってきました。
 実習中には、一日実習や部分実習があり、子ども達と触れ合うだけではなく、自分で指導案を考え、実際に子ども達の前に立ち、保育のねらいと教師の願いをもって配属クラスの担任として保育を進めていきます。指導案を書く時は、子どもの姿からねらいを考え、内容を決めていきます。何をどう考え、どう準備したらいいのか毎日夜遅くまで悪戦苦闘。  子ども達の前で保育を展開し、終わった後、担任の先生や園長先生からご指導を受けます。ほめられることもあれば、厳しく言われることもあったと思います。
 それらを乗り越えて、4週間という中で現場の厳しさも楽しさも理解した学生達です。いよいよ自分の進路を決める時期が来ました。保育士という選択、幼稚園教諭という選択、どちらも自分の可能性と子ども達の未来を信じて、悔いのないように前に進んでほしいと思います。

幼稚園教育実習担当  赤松 みすづ


歌唱指導「あまだれぽったん」
雨の音ってどんな音がするのかな?


実習中、水遊びの的を作りました。


水鉄砲で的をねらって楽しい水遊び


近くの田んぼへ出発!子ども達の安全に気を付けて
オタマジャクシやザリガニを見つけるよ


6月の壁面つくり
カップの空き容器を使ってあじさいを表現しました。


2015年12月10日

キュードサイン練習会

10月16日(金)昼休みに「キュードサイン練習会」を開催しました。
この「キュードサイン練習会」は昨年度、聴覚支援学校での介護等体験に参加した学生らの提案で
今年度初めて実現したものです。
当日は介護等体験を経験した先輩2名が先生となって、来週から介護等体験に参加する2年生らに
キュードサインの50音と、簡単な手話をレクチャーしてくれました。


実際に現場で使用した言葉など、実体験を交えた先輩たちのレクチャーは好評。
最後には、皆、自己紹介と簡単な挨拶ができるようになりました。
介護等体験当日までに、もっとスムーズにできるようにと、意欲を高めた2年生たちでした。

2016年08月07日

平安女学院大学子ども教育学科 保育実習体験談

8月6日のオープンキャンパスでは、4年次生が昨年に行った保育実習についてお話しました。

藤本ほのかさん

福島ひなさん

岡本くるみさん

長坂江里子さん

2016年08月23日

幼稚園教育実習報告会

8月21日(日)のオープンキャンパスでは、4年生に幼稚園教育実習の報告をしてもらいました。
松村涼香さん

山口萌夢さん

辻岡千明さん

廣瀬理恵


About 実習

ブログ「平安女学院大学 子ども教育学部」のカテゴリ「実習」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは子ども教室です。

次のカテゴリは授業です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。