« 2014年12月 | メイン | 2015年03月 »

2015年01月 アーカイブ

2015年01月16日

幼稚園インターンシップ報告会

 1月13日(火)幼稚園インターンシップ報告会を行いました。
 10月21日~12月9日の間、毎週火曜日1・2年生47人が高槻市立幼稚園22園に8回インターンシップ研修に出かけました。
 今年度から一日を園で過ごすことができるようになり、朝の環境整備・職員会議(打ち合わせ)・登園・子どもが自ら選んでする遊び・お弁当・クラス活動・降園など幼稚園の一日の流れや生活の様子・保護者や地域との連携・行事や次の日の準備など幼稚園教諭の仕事にかかわる業務を体験することができました。
また、連続して幼稚園に行くことで、子どもの成長、教師の子どもへのかかわり方、環境つくりなどひとつひとつが学びの場となりました。
 実際に子どもの前で手遊びをしたり絵本を読んだり歌を歌ったりしたことから、自身のスキルの獲得、子どもとともに遊ぶことで子ども理解の大切さを学び、多くの課題も見つかりました。
 何よりも、忙しい中、保育終了後に園長先生や担任の先生と話し合いの時間を取っていただき、疑問に思っていたことや、日々の保育の中で大切にされていることなど現場の先生から保育の話を聞くことができたことが大きな収穫になりました。
 インターンシップ研修を通して「教師になりたいという意志」や「教師像」を具体的に次の実習や大学での学びにつなげていくことができました。

2015年01月20日

保育所インターンシップ研修報告会

1月20日(火)、保育所インターンシップ研修報告会を行いました。

保育所インターンシップ研修は、昨年まで夏休みと春休みに行っていましたが、今年度から授業の中で行うようになりました。1・2年次生合計56名が高槻市立保育所14か所に前半と後半に分かれて4日間づつ研修に出かけました。

研修では0歳児クラスから5歳児クラスに入り、乳幼児と遊んだり、着替えやお昼寝など生活面のお世話をして子どもと関わったり、保育士の子どもへの関わりを見て多くのことを学びました。

さらに、おもちゃや教材作り、部屋の掃除、園庭の環境整備など保育士の様々な仕事を体験しました。報告会では、子どもの成長を見守り、保育していく保育士の仕事の大変さや素晴らしさを実感したことや、自分自身のこれからの課題についての報告がされました。

また、今回のインターンシップ研修は前半後半に分かれていきましたので、保育所での研修と同時に高槻市内や茨木市の民間保育園にも見学に行き、様々な特徴ある保育園の取り組みを学び視野を広げることができました。

20150120-2-0.jpg

20150120-2-1.JPG

20150120-2-2.JPG


「3次生から2次生へ実習のアドバイス」保育実習報告会をしました

1月20日(水)保育実習報告会をしました。施設実習、保育実習Ⅰ、Ⅱのすべての保育実習を終えた3年次生が、来年度保育実習にいく2年次生に向けて、子どもや職員から学んだこと、実習で苦労したこと、嬉しかったこと、実習前にしておいてよかった事、保育士の専門性を深めるための今後の課題などについて詳しく報告しました。

養護施設 乳児院、障がい児施設、障がい者施設、乳児クラス 幼児クラス 異年齢児クラスの7グループからの報告は実習を終えた学生の達成感と、学びの深さが伝わってくるものでした。また、具体的なエピソードも満載で、2年次生はメモを取りながら真剣に聞いていました。

なお報告内容は事前に報告集にまとめて配布しました。


20140120-2-1.JPG

20140120-2-2.JPG

20140120-2-3.JPG

20140120-3.JPG

校外学習でハニワ工場公園へ

 4年生の教科演習社会の授業の一環として2014年12月1日(月)に高槻市にあるハニワ工場公園に校外学習に行きました。ここは高槻市内の小学校6年生が歴史学習としてよく訪れる場所で、同じ市内にある今城塚古墳や近くの番山古墳等に立て並べられたハニワを作っていた、日本で最古、最大級のハニワ工場です。ここでは1500年ほど前のハニワ作りの工房とハニワ窯が再現され漫画陶板で古墳時代のハニワ作りが楽しく学べるところとなっています。
 担任として引率することを想定し、展示物や見学箇所の確認など子どもたちの学習活動を設定することはもちろんでしたが、その他集合場所や安全指導などの実際の指導をも想定しながらの大変楽しい実地研修となりました。

2015年01月27日

小学校インターンシップ報告会

 今年度は10月21日~12月9日にかけて、毎火曜日の合計8回にわたり子ども学部1,2年生全員がインターンシップ体験をしました。希望により、3つのインターンシップ先に分かれての実施でしたが、体験終了後に小学校、幼稚園、保育所それぞれについての報告会を1月6日、13日、20日の3回にわたり順次開催しました。
 小学校組は高槻市内の24校に25人が行き、その報告会を1月6日(火)にしましたが、全員が報告書に加えてパワーポイントを使って学校紹介や活動内容、学んだ点、今後への課題という観点に沿って5,6分にまとめ報告をしてくれました。どの学生にとっても大変充実し、かつ楽しい体験学習だったことがよくわかる報告でした。特に共通して現場の先生方が常に一人ひとりの子どもの様子・状態を把握したうえで対応していることや、トラブルが起こった時の瞬時の判断と対応力に驚いたという感想を持ったようです。
 実際に現場を経験したからこそ、苦労や大変さを感じながらも、子どものことが一層好きになり、また将来の選択肢として先生への思いがより強くなった学生も多いようです。

About 2015年01月

2015年01月にブログ「平安女学院大学 子ども学部」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2014年12月です。

次のアーカイブは2015年03月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。