« 2014年10月 | メイン | 2014年12月 »

2014年11月 アーカイブ

2014年11月04日

平女祭が開催されました

11月1日(土)に平女祭が開催されました。今年のテーマは「Friends~言葉より大切なもの~」でした。

朝から雨模様で、10時の開会式に向けて準備を進めいた学生たちも天候を心配していましたが、学長が高槻キャンパスに到着するやいなや雨は上がり、その日一日良い天候を保つことができました。雨に濡れていた野外ステージも使用可能になり、予定通りの平女祭を開催することができました。

本学の大学祭は、手作り感のある学生参加型のイベントが中心です。他大学のように有名人を招いたステージなどはありませんが、子ども学部と保育科しかない高槻キャンパスでは、子ども王国というコーナーを設置したり、カプラという積み木で遊ぶコーナーなど、子ども向けのイベントが盛りだくさんです。付属幼稚園の園児たちもステージに出演してくれました。

メインステージは、食堂前のサンクンガーデンに設置された野外ステージで、学生有志によるダンスや歌唱が繰り広げられました。模擬店には子ども学部の4年生も参加して盛り上げました。

音楽ゼミ3・4年合同演奏会

音楽ゼミでは、理論の実習だけでなく実際に様々なアンサンブルを体験することで、理論と実践を結びつけた授業を展開しています。
そこで、そのアンサンブル体験を生かすべく3・4年生合同による演奏会を企画し、平女祭で発表を行ないました。

まずは3年生によるトーンチャイムの演奏です。トーンチャイムはハンドベルを簡略化したような楽器で小学校でもよく使われています。曲目はその音色を生かしたハリーポッターのHedwig’s Theme、メロディー譜をもとに自分たちでチャイムを割り当てました。

3%E5%B9%B42.jpg

4%E5%B9%B42.jpg

%E5%90%88%E5%90%8C2.jpg

平女祭にコーラス部出演

今年もコーラス部は平女祭にてチャペルコンサートを行ないました。プログラムは次の通りです。
1. あいさつのマドリガル
2. 美女と野獣
3. For the Beauty of the Earth
4. 遠い日の歌
5. Far away
6. HEIWAの鐘
今年はピアニストに1年生を迎え、多くの新曲に取り組みました。
短い練習期間でしたが、本番ではピアニストに支えられながら充実した演奏をすることができたように思います。
最後にみなさまの拍手に応えて、アンコールにAmazing Graceを歌いました。

%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%82%B9%E9%83%A82.jpg

コーラス部は12月20日のオープンキャンパスにも出演致します。クリスマスソングや聖歌を美しい歌声でお届け致します。
是非ご来場ください!

吹奏楽部が平女祭で演奏

11月1日の平女祭では、チャペルで吹奏楽部が演奏しました。
演奏した曲は、以下のとおりです。

1.嵐メドレー(嵐)
2.キセキ(GReeeeN)
3.RPG(SEKAI NO OWARI)
4.ホール・ニュー・ワールド(『アラジン』より)
5.あとひとつ(FUNKY MONKEY BABYS)
6.風が吹いている(いきものがかり)

吹奏楽部は、高槻キャンパスの子ども学部と保育科だけでなく、京都キャンパスの国際観光学部の学生も参加して一緒に活動してます。

2014年11月08日

介護等体験

 小学校教職課程では、2年次に介護等体験(聴覚支援学校2日間、社会福祉施設5日間)を行います。11月7日、聴覚支援学校の体験を終えたばかりの学生が報告会を行いました。
 聴覚支援学校へ行くのは初めてで、行く前は聴覚の不自由な子どもなので静かな学校でひっそりと学んでいるというイメージがあった。しかし、まったく違っていた。子どもたちは何事にもエネルギッシュにとりくみ、意思をつたえようと一生懸命で、実習生のことをも気にかけよく観察していたり、ときにはたすけてくれた、自分は何もしてあげられなかったが、逆に大きな刺激を与えられ、感動した、と口々に語っていました。聴覚支援学校の一人ひとりの子どもに合わせたコミュニケーションの工夫、個別の発声指導、教科学習指導なども垣間見られ、有意義な体験となったようです。

2014年11月14日

お芋掘り

 1年生がジェネリックスキルズの授業の中で、秋晴れの水曜日(11月5日)5月に植えたサツマイモの収穫をしました。附属幼稚園の年長さんと一緒に土を掘り、中からお芋が顔を出すと、子ども達から歓声が上がり力を合わせてお芋を掘り出しました。土の中から出てきたお芋は「でっかいおいも」「ちいちゃなおいも」「まっかなおいも」でした。
 次の水曜日(11月12日)、ふかし芋にして食べました。
 そのお味は、夏の暑い日も水やりや、草取りをして育てた愛情たっぷりの、あまーいおいしいお芋でした。

2014年11月18日

チャペルトーク(服部建先生)

先日のチャペルトークでは子ども学部服部 建先生に以下の内容で、お話をいただきました。


「小学校で出会ってきた子どもたち、先生たちから感じてきたこと、学んだこと」

 わたしは、この3月まで小学校教諭として22年間、大阪府教育委員会に4年間、教頭2年間、校長を7年間してきた。
 初めて1年生を担任したクラスに0歳の弟の面倒をみるために学校を都度都度休む母子家庭児童がいた。炊くお米も無かった状況を知り、子どもの厳しい家庭環境を考慮せず安易に宿題を出したり、持ち物を要求することの罪を感じるとともに、負の再生産を食い止める教育の大切さを強く感じた。
 また、6年生担任時に起こったクラスの児童の夜のランニング中の転落事故に際しては、けが本人に加えてそばにいた子どものダメージが深かった。しかし、二人ともがようやく無事に登校できたのは、クラス・学年全員の友達以上に大切な「なかま意識」に助けられたと言える。
 救急センターの看護師さんが言っていたこと。寝ていなくても、疲れていても重大事故で運ばれた患者には全力を尽くす。しかし、だめだった時は家族から「人殺し」とののしられることもある。評価のためにする仕事ではない。人のためにする仕事だと。先生の仕事も似ている。全力をつくしても、批判を受けることはある。でも、誠意を尽くし子どもたちのためにすることが仕事の誇りである。子どもたちに「なかま」としてのつながりを作ることと、たくましく生きていくための力をつけることを先生たち、またこれから先生になる学生のみなさんに望みたい。

高槻市食育フェアに出展

 11月9日(日)、高槻市立第一中学校で開催された高槻市食育フェアにおいて、本学の食育の取組とそれにまつわるクイズを出展しました。

 今年度は、子ども学部が夏休みに開催した子ども教室「お味噌作りを体験しよう」に焦点を当て、子ども学部1年生が作成した味噌の作り方を示す写真入りスライドや、子ども教室当日の様子、子ども教室参加者の感想、子ども教室を通した学生の学び等をポスターにまとめ紹介しました。また手作り味噌も展示しました。

 当日はあいにくの雨でしたが、子ども学部で食育を担当する松本と、松本ゼミの3年生が参加し、約600名の参加者で活気づくフェアにおいて、地域の方々や子どもたちと食育を通して交流しました。手作り味噌には子どもたちも興味深々で、触ったり匂いをかいだり、大豆と見比べたり・・・。「子ども教室に参加しました。出来上ったお味噌、美味しかったです」と伝えに来て下さった方もいらっしゃいました。

(松本)

2014年11月19日

2014年度 秋学期 英語の学び

We are halfway through the second semester English classes at Heian
Jogakuin Takatsuki Campus. In English Communication II, students are
continuing to work on their speaking skills while in English II class,
students are learning college-level essay writing skills in English.
Students are still coming to the English Lounge, but their schedules are
very busy this semester. We are still having interesting Open Campus
classes; we had a "Desert Island" activity for 8.23 Open Campus, where
students had to chose objects they would need if they were stuck on an
empty island with no people. It was a lot of fun seeing the choices the
students made.

%E7%84%A1%E4%BA%BA%E5%B3%B6%E3%81%AB%E4%BD%95%E3%82%92%E6%8C%81%E3%81%A3%E3%81%A6%E8%A1%8C%E3%81%93%E3%81%86%EF%BC%9F2.jpg

コーラス部:ほのぼの荘への慰問演奏

私たちコーラス部は、10月29日にほのぼの荘で行われた利用者様のお誕生日会に出演させていただきました。
「ちいさい秋見つけた」や「赤とんぼ」などの秋らしい曲や、美空ひばりさんの名曲を歌い、最後にみなさんと「ふるさと」を合唱しました。
皆様にはとても喜んでいただくことができ、わたし達にとっても素晴らしい時間となりました。有難うございました。

コーラス部部長 松尾紗希


2014年11月21日

平安女学院大学子ども学部の教職実践演習

教職免許(平安女学院子ども学部の場合は幼稚園教諭一種免許と小学校教諭一種免許)を取得する場合は教育実習を行った後教職実践演習という科目を履修します。この科目では、1年次から作成した教職カルテを確認して教員として必要とされる知識や技能が身についているかどうかを確認し、足りないところがあれば大学生最後の時間を使って補いを行います。平安女学院大学子ども学部では、その一環として小学校の教員を目指している学生は小学校での発展実習、幼児教育を目指している学生は学童保育室で発展実習を取り入れています。これらの実習は高槻市教育委員会、高槻市子ども未来部の協力のもと、包括協定書にもとづき実施しています。さすがに4年次となるとほとんどの学生は自分の課題を見つけて自主的に実習をしています。実習先を覗いた際にもみな自分なりの課題を持って積極的に活動できているようでした。

2014年11月25日

インターンシップ幼稚園巡回訪問エピソード

高槻市立の幼稚園にインターンシップの巡回訪問に行ってきました。尋ねていくと、子ども達は、「どこからきたの」「だれのおかあさん」と寄ってきます。「○○お姉ちゃん先生の先生よ」と答えると安心して自分たちの遊びに帰っていきます。

しかし、今回、アーセン先生と一緒に行くと「ハロー」「マイネームイズ○○」と自分の知っている英語でアピール。子ども達とアーセン先生との楽しい英語の時間が始まりました。

(赤松)

2014-11-25-%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%BB%E3%83%B3%E5%85%88%E7%94%9F.jpg

About 2014年11月

2014年11月にブログ「平安女学院大学 子ども学部」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2014年10月です。

次のアーカイブは2014年12月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。