« 2011年06月 | メイン | 2011年08月 »

2011年07月 アーカイブ

2011年07月01日

今年初めての収穫です。

「保育と園芸」の授業(担当岩渕先生)で育てていたナス、ピーマン、ミニトマトができて、今年初めての収穫
です。

DSCF2738.JPG

DSCF2723.JPG

2011年07月04日

水泳指導法 幼稚園見学 7月4日(月)

「水泳指導法」は、小学校教員を目指す学生に対して開講されている授業科目(担当中村先生)です。
 近年、幼保一元化だけでなく、幼稚園や保育所の小学校への接続・連携の重要性が言われていますが、今日は、幼稚園から小学校への接続についての学びの一つとして、幼稚園の「水遊び」の見学に行ってきました。
 見学場所は、平安女学院大学附属幼稚園。幼稚園の授業で今日が今年はじめてのプールへの入水でした。園児たちは、ばた足をしたり、輪をくぐったりしながら、水に親しみ、歓声を響かせていました。水に親しんで、浮いたり泳いだりすることを楽しむことが小学校での水泳授業の基本となります。園児の元気いっぱい水と親しむ姿に、見学した学生たちも自然に笑顔になりました。

2011年07月05日

水泳指導法 小学校見学 7月5日(火)

昨日の幼稚園での見学に引き続き、今日は高槻市立郡家小学校で水泳の授業を見学しました。
 私たちは普通に「水泳」と言っていますが、本当は、低学年(1・2年生)では「水遊び」、中学年(3・4年生)では「浮く・泳ぐ運動」という領域名で、高学年(5・6年生)ではじめて「水泳」という領域名になります。
 幼稚園では、あまり技術の差はでませんが、小学校3年生くらいになると、それぞれに得意な子と苦手な子がでてきます。
しかし、「苦手だけれども泳ぐことが好き!」という1人の児童の言葉を聞き、「そんな言葉を子どもたちから引き出せるような教員になりたいね」と受講している学生たちは話していました。

2011年07月06日

子ども学部の七夕コンサート!のご案内

 子ども学部の学生が中心のコーラス部が明日、七夕にちなんだ「七夕コンサート」を下記の要領で実施いたします。
 本クラブは、ただみんなで集まって楽しく歌うというのではなく、合唱の難しさ、面白さを味わいながら、音楽性を高めることをねらいにおいて活動を続けてまいりました。

 まだまだ未熟ではありますが、皆様に楽しんでいただけるステージになるよう一所懸命努めます。
 ゲストとして、ソプラノに田邉織恵先生、ソプラノリコーダーに志澤康弘先生、アルトリコーダーに三木正博先生が出演くださいます。
 指揮とピアノは、本クラブ部指導の松園洋二先生です。

 皆様のご来場を心からお待ち申しあげております。

                         子ども学部長
                         広滝 道代
                         
              記

 「コーラス部の七夕コンサート」

 1 実施日時: 7月7日(木)午前12時30分~午後1時10分
 2 場所:チャペル
 3 曲目: 
   1. Dona Nobis Pacem
   2. Ave Verum Corpus
   3. For the Beauty of the Earth
   4. ほたるこい
   5. Sing

   ◎アンコールとして会場のみなさまと一緒に「たなばたさま」を
    歌う予定です。

                                  以上

2011年07月07日

七夕コンサートが開催されました。

本日、7月7日(木)、高槻キャンパスチャペルにて、コーラス部による七夕コンサートが開催されました。

プログラムは
1. Dona Nobis Pacem
2. Ave Verum Corpus
3. For the Beauty of the Earth
4. ほたるこい
5. Sing
Encore たなばたさま
でした。

PT3Y6091-1.JPG

また、ゲストとして、Alto田邉織恵先生、Soprano Recorder志澤康弘先生、Alto Recorder三木正博先生に演奏していただきました。
ピアノ・オルガン・指揮は、クラブの顧問である松園洋二先生が行いました。
チャペルの外は梅雨空ですが、美しい歌声を聴くことができ、お昼休みの良いひと時を過ごすことができました。

PT3Y6124-1.JPG

2011年07月11日

介護等体験の報告会

2011年7月8日に、介護等体験の報告会を実施しました。介護等体験は人の心の痛みがわかり、価値観の相違を認められる人づくりをめざすため小学校などの教員免許状の取得を目指す人に義務づけられた制度です。実習とは違い“体験”をするだけといえばそれまでですが、何の目的もなしに行くとただ無為に日程を消化するだけとなってしまいます。
 その介護等体験として聴覚支援学校に第1グループとしてお世話になった学生に報告会と称して気楽な感じで感想を聞きました。何をするのか事前に調べたり、指文字で名前を覚えてから行くのですが、それでも1日目は自分の名前を伝えるのはともかく相手の使っている指文字(キュードサイン)が分からなくて困った!なにをどうしたら良いか分からなくて困ったという感想が多かったですが、2日目にはキュードサインを勉強し直して取り組み、「2日だけでは足りない。」とか「個人個人に時間をかけて教育している姿勢がすばらしかった。」、「楽しかった。」といった感想を口々にのべ、充実した体験を終えることができたようです。
 多少とんちんかんだったとしても自分なりに課題を見つけ自主的に情報を収集すればそれは充実した体験につながるということも実感してもらえたら良いのですがどうだったでしょうか。体験を受け入れてくださった聴覚支援学校の教職員の皆様ありがとうございました。

2011年07月14日

施設見学に行きました。

3年生は9月より、いよいよ保育実習(保育所)が始まります。
保育実習事前指導も教案づくり、個人票の作成、日誌の書き方の指導等佳境に入ってきました。
 また、来年2月には保育実習(施設)もあります。7月12日にその実習対象施設であるうの花療育園に見学にいきました。学生はそれぞれのクラスに入って、園児たちと触れ合う機会をつくっていただきました。丁度プール遊びが始まり、学生たちは園児たちの歓声、泣き声、思わぬ行動などにどまどいながらも、一生懸命応対し、充実した、楽しい一時を過ごしていました。
11_002a.jpg

2011年07月15日

和太鼓部が附属幼稚園で演奏会

7月14日(木)のお昼休みに、和太鼓部が附属幼稚園のリズム室で演奏を行いました。

P6209-1.JPG

P6278-1.JPG

P6288-1.JPG

2011年07月17日

ヒマワリがもうすぐ

P6469.JPG

7月17日、もうすぐヒマワリが開花しそうです。

2011年07月20日

ヒマワリが開花しました。

保育と園芸で、4月に種をまいたヒマワリが開花してくれました。

D2943.JPG

2011年07月25日

保育実習・施設訪問に行ってきました!

7月7日、14日、21日、子ども学部子ども学科3年生、保育士課程の学生達は、保育実習(施設実習)の見学で児童養護施設と知的障害児通園施設を訪問しました。

%E8%81%96%E3%83%A8%E3%83%8F%E3%83%8D1.jpg

多くの学生にとって児童福祉施設を訪れるのは初めてとのこと。事前学習やレポートで準備をしましたが、やはり、皆、緊張の面持ちでした。
しかし、両施設ともに学生の見学を歓迎してくださり、大変丁寧な説明や施設内の案内をいただきました。
%E3%81%86%E3%81%AE%E8%8A%B11.jpg

養護施設の子どもたちの居室や生活の場をはじめて見せていただいた学生は、予想以上の環境の整えられ方に驚いたり、自分のもっていた暗いイメージや偏りが改められたという感想が多くみられました。
療育施設では、一緒にプール遊びをするなど、子どもたちとのふれあいの機会もいただき、感動したという学生が多く、施設実習は是非、発達障害児の療育施設でさせて頂きたいとの声も多く聞かれました。
%E3%81%86%E3%81%AE%E8%8A%B12.jpg

両施設の施設長様、実習担当の職員様、どうもありがとうございました。

2011年07月27日

ゴーヤの赤ちゃん

保育と園芸の授業で栽培しているゴーヤが実り始めました。
写真は7月27日のゴーヤです。
P6566.JPG

About 2011年07月

2011年07月にブログ「平安女学院大学 子ども学部」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2011年06月です。

次のアーカイブは2011年08月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。