« 2010年05月 | メイン | 2010年07月 »

2010年06月 アーカイブ

2010年06月02日

芥川自然観察授業

自然観察授業で芥川へ行きました。高槻キャンパスから徒歩15分ぐらいのところに芥川があります。川原の雑草や川の中の生き物について観察を行いました。川の中をのぞくとメダカやヌマエビを観察することができました。
P6020026.JPG

P6020022.JPG

2010年06月05日

附属幼稚園園児とともにサツマイモの苗植え

6月3日(木)に、高槻キャンパス内さわやか農園にて、附属幼稚園の園児と子ども学科1年生で、サツマイモの苗植えを行いました。

2010年06月10日

田植え

 6月10日(木)に高槻キャンパス内さわやか農園にて稲植えを実施しました。1年生みんなで、1株ずつ丁寧に植えました。最初は土に足をとらわれ動くことが大変でしたが、慣れてくるとスムーズに植えることができました。秋には豊作になることを願っています。IMG_6825.JPG

IMG_6823.JPG

2010年06月15日

インターンシップ実施中です。

子ども学科では、教職課程が、教員として必要な資質能力を確実に身に付けさせるものとなるために、何よりも本学部自身の教職課程の改善・充実に向けた主体的な取組が重要と考え、教職教育を推進しています。
 とりわけ、平成22年度は、高槻市教育委員会とのインターンシップに関する覚書を締結し、課外プログラムとしての学校園インターンシップを、大学における正課としての教職教育に加えて位置づけ、教員を目指す学生に、多様で豊富な学校現場を体験する機会や、学校における子どもとのふれあいの機会を提供しています。
 こうした中で、学生が様々な角度から自己の特性や課題を自覚し、問題意識をもって、主体的に教職課程の学習に取り取り組むために必要な知識、情報等を修得することを目的として、学生が学校園インターンシップを体験し、主体的に確かな教師力を育むことを期待しています。
 現在、毎週火曜日の午後に、小学校、幼稚園でインターンシップを行っています。また、夏休み、春休みには保育所にて実施を予定しております。

2010年06月17日

教員採用選考試験対策講座の取り組み

希望者に公務員教員採用選考試験対策講座の取り組みを実施しております。月・木曜日の午後6時5分~6時50分、現在11回実施。希望者は2年次生7名、1年次生7名、合計14名です。現在は、算数、数学の問題演習に取り組み、今後、中学校までの各教科も学習します。また、教育・児童福祉等に関する新聞記事を読み、時事問題の内容をよく理解できるようにするとともに論作文を作成することによって文章の書き方について学んでいます。

2010年06月18日

「放課後学習室」

本学科の学生が学習支援アドバイザーとして高槻市立郡家小学校他3校において、放課後小学生の勉強をサポートしています。放課後学習室とは、小学校5年生の学習習慣の定着と、家庭学習と連携した自学自習力の向上を図った目的で実施されています。

2010年06月28日

幼稚園インターンシップ

子ども学科では、19園の高槻市立幼稚園に分かれてインターンシップ研修を実施中です。経験をした学生の感想は、次のとおりです。『幼稚園の先生の仕事は、想像していた以上にハードでした。「子どもの笑顔が嬉しいから頑張れるのよ」との担任の先生の言葉に納得!私も同じ思いでした。』(S.M、T.Y)
『先生は、ピアノの弾き歌いも絵本の読み聞かせも手遊びも、とても上手です。しかも、全園児に目を向けながら・・・。幼稚園の先生のすごさを感じとることができました。』(Y.I)

表現の授業

6月25日(金)に「保育内容研究(表現)」の授業(担当金子先生)で、表現遊びの発表をしました。出席番号順に3グループに分かれて行いました。私のグループは「桃太郎」をしました。発表のために授業の空き時間を利用して何時間も練習を行いました。
今回の発表は、言葉を使用せず体を動かすことのみで表現をすることが特徴で、緊張はしたものの、楽しんで演じることができました。(2年、Y.M)

2010年06月29日

子どもと音楽(授業紹介)

子どもの頃に聞いた歌や曲は、いつまでも心に残るものです。音楽的能力が著しい発達を示す幼児期や学童期の教育に携わる者には、音楽に対する豊かな感性と一定の演奏技術が欠かせません。ピアノという楽器を通して音楽の基礎的知識と演奏表現を習得します。
「教科音楽」の授業では、楽譜の読み方等の基礎的知識の習得はもちろん、マーチ・スキップ等のリズム曲の演奏法、弾き歌い、コード・ネームによる伴奏法など、保育・教育現場に特化した内容を扱います。
「ピアノなんて弾いたこともない」、「小さい頃に習っていたけど嫌でやめてしまった」という人もいることでしょう。でもご安心ください。本学部の授業においては、学習進度によってグループ分けを行ない、1グループ6~7人の少人数制で学生のレベルに応じたきめ細やかな指導を行っています。また授業の空き時間を利用したピアノ課外レッスンを活用することにより、一層充実した学習成果を上げられることでしょう。どうぞ子どもたちに素敵な音楽を聞かせてあげてください!(担当松園先生)

2010年06月30日

ピアノをがんばっています

「教科音楽」(担当松園先生)では、初回からピアノをひたすら弾く時間であったが、今ではクラス全員で切磋琢磨しながらピアノを練習する場になっている。というのも、今月28日に他のクラスと合同で発表会をすることになっていて、その発表する1曲を時間をかけて磨いているためである。「先週よりよくなったね。」「ここらへん、難しかったね。」「頑張ろう!」という声がよく聞こえる。
 ピアノは一人で弾くものであり、個人の技術を向上させるために毎週弾き、練習をしている。最近楽しいと感じるのは、きっと周りのみんなが支えてくれるからだと思う。誰でも人に上手だね、頑張ってねと言ってもらえると嬉しいし、次からも頑張ろうって気になれるものだろうと思う。私も周りの人に言ってあげたいし、言われたい。広滝先生が以前に人をほめることはいいことだけど難しいと言っていたことの意味がわかった。それを気付かせてくれたのはクラスのみんなであった。こんな風に人をほめるには、人の良いところを身につける必要がある。私はそこからスキルアップしていかなければならない。また一つ目標ができた。(1年、Y.Y)

About 2010年06月

2010年06月にブログ「平安女学院大学 子ども学部」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2010年05月です。

次のアーカイブは2010年07月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。