« 【学生の活動】京都御苑NEWSに本学学生のコラムが掲載されました | メイン | 【レセプショニスト】「第6回キング・オブ・パフォーマー」において司会進行役を務めました »

【国際観光学部での学び】ヘリで京都の空を観光しました!

ヘリで京都の空を観光する、というのはどんな経験なのでしょうか?

普段体験できない新しい観光の形であることは確かです。
3月12日に国際観光学部の学生がそんな体験をしてきました。

HUG国際交流協会様のご紹介で、ヘリによる京都観光に取り組んでおられる京都ヘリサービス株式会社様・株式会社アドバンスド様のモニターツアーにご招待いただきました。

京都ヘリサービスの三井嘉晃社長は、ヘリの観光への活用という事業に16年取り組んでいます。

ヘリというと災害や報道での用途や、あるいは大金持ちのプライベートな乗り物という印象が強いですが、もっと身近な乗り物として普及させ、いろいろな用途に活用していきたい、というのが三井さんのご意見です。


空の旅をご紹介しましょう。
20160324_1.jpg


JPD京都ヘリポートは、伏見区向島の宇治川河川敷にあります。京都にも民間利用の出来るヘリポートがあるということもあまり知られていませんが、京都市とも提携して、災害時にも活用できるヘリポートになっています。


20160324_1.jpg
社長の三井さん、パイロットの丸山基成さんと学生たちです。
搭乗した機体は、アメリカ・ロビンソン社製のヘリで、4人乗り。


20160324_1.jpg 離陸します。


20160324_1.jpg すぐに上昇していきます。このときに喚声が上がります。伏見城です。


20160324_1.jpg 三十三間堂と京都国立博物館です。


20160324_1.jpg すぐに、京都の中心部へ。御所が見えました。
ちなみに御所の真上は飛行禁止だそうです。
その隣は平安女学院です。


20160324_1.jpg 
20160324_1.jpg
ヘリの中では、ヘッドセットで会話します。
パイロットの方が、ガイドもしてくれます。


20160324_1.jpg 
20160324_1.jpg
金閣寺と二条城です。
普段見慣れている場所も、全然違った雰囲気です。


20160324_1.jpg
下京区から西山方面を望みます。

ヘリの高度は300m程だそうです。京都タワーや大文字山の上から京都の町を眺めるのと

似たようなものかと思いましたが、ぜんぜん違いました。移動しながら、町の様子を観察

していくというのは、これまでにない体験でした。

参加した学生の感想です。

時岡早織さん(3年生)
綺麗な盆地の形に驚きました。大文字山を見た時は感動しました。住宅地を抜けると、二条城や金閣寺などの、歴史的な建造物を上なら見下ろすという贅沢な時間を過ごしました。 地元京都がこんな形になっていると改めて学びました。この経験で得たことを、これからの勉強に生かしたいです。
渡嘉敷早希さん(3年生)
ヘリコプターは富裕層の方が利用する乗りものだというイメージが強かったのですが、案外私たちでも利用できる価格で驚きました。空の上から見る京都のまちは、普段の感じとはまた違い、素晴らしかったです。この感動は一生の思い出になるし、特別な日にまたヘリコプターに乗りたいと思いました。

ヘリから町を観光するという形に、これまでにない新しい京都観光の可能性が秘められていることを体感できる一日となりました。

貴重な体験をさせて下さった京都ヘリサービス株式会社様、株式会社アドバンスド様、HUG国際交流協会様、中学高等学校の井上渓子先生にお礼申し上げます。

About

2016年03月24日 15:40に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「【学生の活動】京都御苑NEWSに本学学生のコラムが掲載されました」です。

次の投稿は「【レセプショニスト】「第6回キング・オブ・パフォーマー」において司会進行役を務めました」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。