« 2012年06月 | メイン | 2012年08月 »

2012年07月 アーカイブ

2012年07月02日

★学生活動★ クッキングクラブ 新入生歓迎パーティー

6月12日に「クッキングクラブYummy」で新入生歓迎パーティを開きました。
部員だけでなく、誰でも飛び入りで参加できるパーティです。

メニューはアメリカンスタイルのワッフルと、天然酵母を使ったリエージュタイプのマフィンを生地から手作りして部員自ら焼きました。
アイスクリーム、生クリーム、バナナや果物をトッピングして思い思いに自分のワッフルをデコレーションして楽しみました。


120612_001.JPG


120612_002.JPG


「Yummy」は日本人学生だけでなく、中国人の留学生も多いので、日本語と中国語が飛び交います。
トロント出身のシャノン先生や、カリフォルニア出身のパボーニ先生も後から参加されて国際色豊かなパーティとなりました。


120612_003.JPG

2012年07月04日

平安女学院大学と京都府旅館ホテル生活衛生同業組合青年部会との連携事業
第1回旅館見学~日昇館尚心亭~(6月6日)

京都の「日昇館尚心亭」様の見学をさせていただきました。
旅館の若旦那さんが、じきじきに旅館の紹介と案内をしてくださいました。
若旦那さんは本当に若くて皆びっくりしました。


120606_003_n.JPG


旅館の図面や、スタッフの方々が製作したラーメンマップなどの資料を読んでいます。


120606_001_n.JPG


会議室で旅館の説明と質疑応答の後、7階の大部屋を案内していただきました。
若旦那さんから、館内設備と大きな窓から眺望できる京都の風景について説明を受けました。


120606_002_n.JPG


旅館で行われている宿泊プランなどについて質問しました。
若旦那さんやスタッフの方々がいつも新しいアイデアを出し合って、お客様のためによりよい宿泊プランを作っておられることを知り、その努力に大変感動しました。
今回の見学で、直接、現場の方々のお話を伺えたことが私たちにとって大きな勉強となりました。

今、京都では日本各地からたくさんの修学旅行生がきています。
日昇館さんも大忙しです。
そんな中、見学させていただき、本当にありがとうございました!

2012年07月06日

★レベルアッププログラム★
幸せであり、不幸でもある-Bシュリンク『朗読者』を読む-

6月13日水曜日、Bシュリンク『朗読者』を巡る読書会を開催しました。
学生・教員合わせて15人が集まり、1冊の本を巡る時間を過ごしました。


120606_011.jpg


たくさん参加して欲しいけれど、多すぎると「読書会」が成立しなくなる・・・。
そんな心配を笑うかのように、ベストの人数でそれは始まりました。


120606_012.jpg


1冊の本の感想をみんなで持ち寄る、とっても幸せな時間でした。
と言いたいところですが、幸せであると同時に「不幸な時間」でもありました。
というのもこの『朗読者』は、恋愛小説のように始まっているけれど、実はその背景には、重く暗いアウシュビッツの事件が絡んでいるのですから。

主人公「僕」は20歳以上も年上の女性ハンナと恋に落ちます。
僕はまだ幼さの残る生徒でした。
ハンナはそんな僕に恋の手ほどきをします。
二人の短い恋はハンナが突然姿を消すことでぷっつりと終わりを告げたかに思われました。
ところが後に法律を学ぶ大学生として裁判所を見学に行った僕は、そこで戦犯として裁かれるハンナと「再会」します。
僕は、ハンナがかつてナチスの手先として、多くの囚われ人たちを不幸な目に追い込んでいたことを知るのでした・・・。

文字を読むこと。
それができない「文盲」という存在。
「文盲」であることを知られたくないという思い。
文字を学ぶこと。
世界を知ること。
それでも何も世界が変わらないこと・・・。

さまざまな感情が「読む」ことを巡って展開します。

今回の読書会は、観光学を専門とする学生の趣味とは少しかけ離れて見えるこの『朗読者』を巡って過ごしました。
私たちが身近に感じない過去の出来事と、それに対する責任。
それを主題にした1冊を巡る時間は、幸せでもあり不幸でもあるのでした。
けれども、「小説」というものを読んで一つの場所や一人の人の歴史について考えてみること。
それが紛れもなく、観光という行動ととても似ているのだと改めて実感させられたひと時でした。


120606_013.jpg

2012年07月09日

★授業紹介★イベントプロデュース論:山岡祥子先生

春学期のイベントプロデュース論の授業では、京都の旅館とタイアップしたイベントの企画をしています。
学生一人一人がさまざまなプランを出し合い検討した結果、今回は旅館の「夏のお料理を家庭で作れるレシピにして紹介」しようということになりました。
そこで早速取材班が南禅寺の旅館「八千代」様におじゃまして、料理長や板前さんにお料理を教わってきました。

有名な本道料理長から直々のご指導です。


ive_001.jpg


若い板前さんからも優しく教えていただきました。


ive_002.jpg


ive_003.jpg


苦手な生魚の処理や、難しい出し巻きづくりにもチャレンジしました。


ive_004.jpg


ive_005.jpg


おいしい夏のお料理の完成です。


ive_006.jpg


快くご協力いただいた八千代旅館の皆さま本当にありがとうございました。


ive_007.jpg


女子大生の魅力がたっぷり詰まったレシピは現在作成中です。
お楽しみに!!
(7月14日に京都駅前で配布予定です)

第5回 オープンキャンパスのお知らせ

7月16日(月・祝日)にオープンキャンパスを開催します。
11:00開始で、受付は10:00から。途中からの参加・退出も可能です。
詳しくはこちら(http://www.heian.ac.jp/exam/event.html#open_campus)をご覧下さい。

さて今回のテーマは「大学の授業をのぞいてみよう」です。

7月16日は祝日なのですが、じつは多くの大学では通常授業日になっています。
大学では各学期(春学期・秋学期)に15回の授業回数を確保することが必要になり、祝日に授業をする大学が増えています。

そこで今回は、高校生の皆さんに、実際に平女生が受講しているところを見てもらって、国際観光学部の授業ってこんな感じなんだ、というところを知っていただこうという企画にいたしました。

当日は大学の2時間目と3時間目の授業を見学いただけるようにしています。
この時間には英語・中国語などの語学科目や、1・2年生向けの観光の専門科目が開講されています。
教室には在学生がご案内しますので、お気軽にご参加下さい(1科目の見学時間は10~15分程度の予定です)。


120716_001.jpg


120716_002.jpg


お昼のランチは「平女生がおすすめする♪京旅館のおいしい夏ごはん♪」。
学生が老舗旅館の料理長から教えてもらった「冷やし素麺サラダ」と「茄子田楽」を実際に召し上がっていただく企画です。
お楽しみに。

ティータイムでは、祇園祭ならではの和菓子もご用意しています。
AO入試の事前説明会、カリキュラム・留学についての説明、キャンパス案内もございます。

さてこの日は、祇園祭の宵山にあたっています。
せっかくですから、オープンキャンパスの後に宵山見学はいかがでしょうか?
京都キャンパスからは地下鉄でひと駅、歩いて15分ぐらいで山や鉾、そして夜店が並ぶ山鉾町に行くことが出来ます。
(こちらのサイトの地図をご覧下さい http://www.kyoto-np.co.jp/kp/koto/gion/gion.php?mode=m

120716_003.jpg


今回はオープンキャンパス終了後、学生有志による「浴衣の着付け」サービスを行います。
浴衣など必要なものをご持参くだされば、大学にある着付け教室で、学生たちが着付けのお手伝いを致します。
また着付けのあと、15分程度の「見どころ紹介」を行います(マップも用意しています)。

浴衣お持ちでない方には、先着で約5名様まで貸出をしております(後日返却)。
大学ホームページにある「オープンキャンパス参加予約フォーム」の
https://ssl.gdd.jp/view/21291/?guid=on&ssl_site=544&ssl_id=1654885f25bafadfacb8522fbe4dec90
「お問い合わせ内容」欄に「浴衣貸出希望」とご記入の上、お申し込み下さい。


当日は雰囲気を盛り上げるために、多くの在学生が浴衣姿で大学に来ます。
みなさんも、ぜひ京都の夏を楽しみにきてください。


120716_004.jpg

2012年07月12日

7月14日(土)午前11時から京都駅構内にて、京旅館の「夏ごはん」レシピ集配布!(★授業紹介★イベントプロデュース論(続編):山岡祥子先生)


春学期のイベントプロデュース論の授業では、京旅館の夏のお料理を紹介する冊子を作成しています。
その冊子がとうとう出来上がってきました!


ive_021.jpg


学生が企画し、取材・編集なども全て行なった京都の旅館の「夏ごはん」をレシピにした冊子です。
京都の旅館の名簿やお楽しみ特典の券もついています。


ive_022.jpg


なんといってもこのレシピの”うり”は簡単でわかりやすくて、おいしいこと♪


ive_023.jpg


こちらの冊子を、7月14日(土)、宵々々山の日に京都駅烏丸中央口前(京都タワーがある北側の改札口を出て、右手前の大きな電光掲示板の前)で「11時から」配布します。
もちろん無料です。

浴衣姿の元気な女の子達を目印に是非お越しください!!(雨天決行です。)

晴れたら旅館組合のゆるキャラの「とま郎」君も登場予定です♪

2012年07月16日

★レベルアッププログラム★秘書検定2級・3級対策講座

秘書検定は「秘書の仕事」を通して、ビジネスウーマンとしてのスキルを学びます。
秘書検定に合格するためには社会人として身につけておきたい「きちんと丁寧」を理解し、社会に出たときにふさわしい対人言動とはどのようなものかを考えます。
国際観光学部の学生も在学中に秘書検定の勉強をして、即戦力となる人材を目指しています。

検定受験日の直前まで対策講座が開講され、熱心な学生たちが、合格を目指してがんばりました。


120606_021.jpg


対策講座では、秘書としての心構えやビジネスマナー、冠婚葬祭のしきたりなどを学びます。
「賀寿(がじゅ)」という読み方や意味をはじめて知り、「ハイケイ ジカ、マスマスゴリュウセイノコトトオヨロコビモウシアゲマス」という文章に目をまるくしつつ、ビジネス文書をマスター?しました。

総仕上げとして過去問題にチャレンジ!答えあわせをしながら、自分は合格ラインに乗っているのだろうか・・・と一喜一憂の様子です。


120606_022.jpg


 さてここで、このブログをご覧の皆さまに出題です。次の文は正しいでしょうか、間違いでしょうか?

(会社内で)
「○○部長、報告書は拝見されましたでしょうか」
「○○部長、報告書には目を通していただけたでしょうか」

(訪問先で)
「○○課長さんはおられますか」
「課長の○○様はいらっしゃいますか」

いかがでしたか。

秘書検定の対策講座を受けた学生は、答えられると思います・・・。
6月16日が受験日で合格発表は7月初旬でした。
全員合格!を目指してがんばりましたが、結果に一喜一憂の表情が
見られました。

次もがんばりましょうね。

2012年07月18日

★授業紹介★中国語3:エンレイ先生

こんにちは、2年生の竹村です。

6月15日、エン先生の「中国語3」の授業で中間テストがありました。
試験後に、中国人留学生にも参加してもらって中国式のお茶を体験しました!!

中国のお茶の入れ物(湯呑)はとても小さくて吃驚しました!゚+.(ノ*・ω・)ノ*.オォォ☆゚・:*☆
お猪口ぐらいの小ささでした!!


en_001.jpg


en_002.jpg


中国のお茶の入れ方は日本とは違っていたので、とっても興味深かったです。(*゚.゚)ホ・(*゚。゚)ホーーッ!!

中国のお茶は香りも高くておいしかったです。
何度もおかわりをする学生もいましたww( ^ω^)_U 一杯どうぞo口(・∀・ ) ゴクゴク


en_003.jpg


en_004.jpg


お茶のお菓子で、日本で言う、「柿ピー」みたいなのも食べました!!σ(´~`*)ムシャムシャ
柿ピーもとても人気でした。゚+.゚(*´∀`)b゚+.゚


en_005.jpg


中国人の留学生の人とも話すことができてとてもよかったです!!○o。(p∀`●ノ.+゚*。

2012年07月23日

平安女学院大学と京都府旅館ホテル生活衛生同業組合青年部会との連携事業 第2回旅館見学~NISHIYAMA RYOKAN~(6月20日)

平安女学院大学と京都府旅館ホテル生活衛生同業組合青年部会様との連携事業の一環で、1・2年生が2回目の旅館見学をしました。


120620_001.jpg


グループに分かれて15館を見学させていただいた中から、「NISHIYAMA RYOKAN」さんでの見学を紹介します。
「NISHIYAMA RYOKAN」さんは、京都市中京区御幸町二条下るにあり、地下鉄京都市役所前駅の出口から徒歩3分です。
1970年に「ホテル西山」として創業され、3年ほど前から屋号を現在の「NISHIYAMA RYOKAN」に変更されました。
このアルファベットの屋号は全国初の試みでした。


120620_002.jpg


インターネットによる予約がほとんどで、外国人宿泊者数が多いということです。
館内はきれいで、英語の表記や京都の文化を伝える工夫が見られ、庭園があります。
旅館について大変丁寧にご説明いただき、学生は多くのことを学びました。
学生はこれを生かしてこれから旅館のプランを練っていきます。


120620_003.jpg

2012年07月25日

平等院と東京スカイツリー(平居謙先生)

◆友人がボクサーになってデビューする、というので東京の後楽園ホールでの試合を見に行った。
彼はぼくよりずっと若い友人で、ずっと若いけれどもボクサーとしてはいい年で、デビュー戦と同時に引退試合かもしれない、と言うので、それならば是非、と行ったのだった。

◆徳岡平等院という奇妙なリングネームの彼が爆勝するのを見ながら、売店で勝ったばかりのカツサンドとビールで祝杯をあげた。
その売店のカツサンドは試合を見ながらも食べやすいように、という配慮なのだろう、小さな正方形に可愛く切られていた。


hira_001.jpg


◆試合もマンゾク、売店もマンゾク、ついでにいえばその夜宿泊予定のホテルは旅行会社に勤務する本学卒業生が手際よく手配してくれたもので、安いけれども結構豪華。
今日の一日は、こういうのも「スポーツツーリズム」なんて呼ぶのだろう。
次の朝は、快晴。
フツーだったらこのまま帰るのだけれど、オープンカウントダウンに入った噂のスカイツリーでもみてゆこうか、と水道橋から総武本線に乗って亀戸へ。
川べりを上野方面にむかってのんびり歩いてゆくと、橋ごとに何人ものフォトグラファーたちが「ここが一番だよ」と教えてくれる。
カメラ忘れて、使い捨てカメラで撮ってるのは、僕くらいのもの。
赤面。

◆だんだん大きくなってくるスカイツリー。
とうとう真下から見上げる場所に。
するとざわざわ人だかりが。
何にも分からずに並んで見ると、巨大な反射鏡を抱えたおじさんが一人。
さ、これにカメラむけると、ちゃんと自分の姿が映るんだよって。なるほど。
ツリーを背景に一枚、綺麗に撮れました。
無料なのが嬉しかった。その後上野まで。

hira_002.jpg

◆スカイツリーは、東京の全ての風景のカンフル剤になるだろうな。
浅草の浅草寺の境内を見回して、そう気づいた。
スカイツリーが凄いのは、昇って見渡す景色や巨大さだけじゃないんだ。
見慣れた風景の中に突き刺さる一本の小さな串。
それが見える全ての範囲の景色のそれぞれにスカイツリーが突き刺さってゆき、新しい景色を作り出す。これは奇妙な借景だ。
そういえば空にそよぐ金色の不思議なオブジェ(アサヒビール吾妻橋ビルというらしい)の横にも、スカイツリーの姿がいつの間にかあった。
世界が変わる、とは、このことだ。


hira_003.jpg

2012年07月27日

第6回 オープンキャンパスのお知らせ

高校生の皆さん、夏休みをいかがお過ごしでしょうか?

平安女学院大学では8月4日(土)と5日(日)の両日にオープンキャンパスを開催します。
受付は10:00から。11:00開始で、途中からの参加・退出も可能です。
予約や詳細はこちら(http://www.heian.ac.jp/exam/event.html#open_campus)をご覧下さい。


今回は「卒業後の進路がよくわかる!オープンキャンパス」です。

平安女学院大学は就職に強い大学として知られていますが、開設6年目を迎えた国際観光学部も、すでに2期生までが社会に出て活躍しています。

今回のオープンキャンパスでは実際に社会で活躍しているOGを招いて、自身の大学時代と現在の仕事について語ってもらいます。

旅行社・ホテルなど観光・ホスピタリティ関連企業に就職した先輩、金融や販売、秘書業務などでビジネスキャリアを着実に積んでいる先輩から、平女生時代の話を聞けば、自分自身の「成長した姿」もきっと見えてきます。

今年既に「就活」を終えた4年生の先輩たちも参加します。
司会担当はキャリアセンターの名物職員・内田さん。
こちらの企画は11:00開始です。お見逃しなく。

OGや4年生たちとは午後のティータイム(14:10~)でもゆっくり歓談していただけます(1・2・3年の現役学生ももちろん参加しています)。

ティータイムに先立つ13:30からは模擬授業とミニ・フィールドワーク。
模擬授業は4日が永田美江子先生「観光に向く人・向かない人~あなたの未来キャリア占います~」、5日は平居謙先生「目立ちたがり屋のための観光学~観光学を遊ぶ~」です。


120727_001.JPG


ミニ・フィールドワークは毛利憲一先生(4日)と井上学先生(5日)が担当。
タイトルは「暑さに負けるな、がんばろう! ~京都の町の日常・再発見~」。
日傘か帽子をご用意下さい。

お昼のランチは「貴品女性のパンバイキング」。
ヴィドフランスの焼き立てパンと冷製スープ・サラダをご用意してお待ちしています。

毎度おなじみAO入試の事前説明(第3期のエントリーにまだ間に合います!)、カリキュラム・留学についての説明、キャンパス案内もございます。
留学コース説明会では、現在アメリカに留学中の2年生とスカイプで中継を結び、話をしてもらう予定です。

夏の暑い盛りですが、熱い気持ちと冷えたかき氷を用意してお待ちしています。
平女のすてきな「お姉さん」たちにぜひ会いに来てください。


120727_002.JPG


About 2012年07月

2012年07月にブログ「平安女学院大学 国際観光学部」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2012年06月です。

次のアーカイブは2012年08月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。