« 2011年04月 | メイン | 2011年06月 »

2011年05月 アーカイブ

2011年05月09日

★学び★ IT教育:観光学の強い味方

本学の国際観光学部では,情報処理教育にも
力を注いでいます.

観光ツアーの企画・計画の演習にも,進んだ
マルチメディアの技術を取り入れています.

本学の学生たちは,計画のアウトラインの作成
から,動画コンテンツの試作,CGによる景観シミュレーション
までを通して,「実感できる観光学」を学んでいます.

最先端のIT教育環境で観光学を学んだ学生たち
が,観光業界をどのように変えることができるか
楽しみです.

HJUpic1.jpg
~ 上空から見た京都御所(右)と平安女学院(中央) ~

本学の学生は,インターネットでの情報の検索から,
メディアコンテンツの作成までを日常的に行っています.

「コンピュータリテラシー」だけにとどまらない,
「メディアコンテンツリテラシー」を目指した教育を
行っています.

2011年05月13日

★授業★ ジェネリックスキル(3年次)

国際観光学科の授業を紹介するシリーズです。

平安女学院大学では、学校の学びの特色として
1年生から4年生までジェネリックスキルという
授業を今年からスタートしました。

「ジェネリックスキル」って、いったいなんだろうと
疑問を持たれるかもしれませんが、ジェネリック
スキルとは、社会人として必要な基礎能力という
意味を持っています。

平安女学院大学の国際観光学科は「就職に強い」
ことを売りにしていますが、とくにこのジェネリック
スキルの授業で「就職活動」と「就職後」に必要な
能力を養っています。

今回は3年生向けのジェネリックスキルを紹介
しましょう。

この授業は、3年生全員が出席しています。内容は、
分析力や応用力・プレゼンテーション能力を身につけ
るためのさまざまな演習や、就職活動に役立つSPI対
策なども行っています。

また、様々な業界の人事担当の方をお呼びし、それぞれ
の業界のお話や企業が求める人材についてのお話を
していただきます。

人事の方から聞く「生の就活話」は、リアルに就職に対
する心構えをかきたてます。就職試験さながらにスーツを
着て、授業に望む日もありますが、最初はぎこちないスーツ
の着こなしも何度も着ることで、徐々に様になってきます。

110510_001.jpg

担当:永田美江子講師他

2011年05月20日

★第2回オープンキャンパスのお知らせ★

 4月29日(土)に第1回オープンキャンパスが
行われました。

早速九州からの参加者もありずいぶんと早い春の
賑わいを見せました。

例年は5月に第1回が行われていましたが、今年は
強いリクエストにお応えする形で4月の連休初日に敢行!

京都に平安女学院国際観光学部あり!のファースト
インパクトを披露しました。

 さて、待望のオープンキャンパス第2弾が
5月28日(土曜)に行われます。

 「拝見!? 京都な町並み世界の文化ー
   都市×町並み×やさしい心」

と題して「世界の観光地」京都の真ん中に位置する
本学国際観光学部ならではの、「日常」を皆様に
ご覧いただきたいと思います。

 井上先生の楽しいミニフィイールドワーク

 「京都の文化は日本の文化-マナブ式街角探訪記」

や、王先生による

 「異文化としての京都 -中国からの視線」、

ドイツ文学・哲学がご専門の高橋先生からは

 「イースターの奇跡―日本と欧米文化を遊ぶ」

というミニ講義がありますヨ。「京都な魅力」と「世界性」、
同時に学べる幸せなひと時をあなたと!

 本学のオープンキャンパスの特徴は、先輩と
友達になっちゃう、その道の専門知識満載の教授が
早くも「私の先生」になってしまうところ。

 観光に興味がいっぱい。語学を学んで文化を知りたい!
そんな知の世界に貪欲なあなたも、ちょっと興味の
カノジョにとっても、第2回目のオープンキャンパスは、
進路を決定する上で結構チャンスだったりするのかも!!


 オープンキャンパスの詳細はコチラ!

kihinj1.gif

2011年05月25日

★学生活動★ 吹奏楽部です

このブログでは、平安女学院大学の京都キャンパス
で活動しているクラブ・サークルを、これから少しづつ
紹介していきたいと思います。文章と写真は、各サークル
の学生によるものです。(ブログ担当者)

--------------------------------------------

皆さんこんにちは、平安女学院大学吹奏楽部です。

私たち吹奏楽部は高槻キャンパスと京都キャンパスの
合同で活動しており、百貨店・介護施設・文化祭などで
演奏しています。

201105231.JPG

今年は、多くの新入生が入部してくれたので12名だった
部員が、なんと一気に28名に!!!!

うれしい反面、正直こんなにも入部してくれるとは思って
いなかったので、今年度の部活動は、バタバタと忙しい
日々を過ごすことになりました。

201105232.JPG

そして、可愛い新入生を歓迎するべく、新入生歓迎会を
先日開催しました。

新入生も楽しんでくれたみたいでうれしかったです。

これからも一生懸命練習して、皆さんにいい演奏を届け
られるように頑張ります。

201105233.JPG

皆さん今後の吹奏楽部の活動に期待していてくださいね♪

追伸:依頼があれば喜んで演奏しに伺いますので、
皆様からのお誘いを楽しみにしております。

★ゼミ★ 毛利ゼミ(専門演習Ⅲ・Fクラス〔4年生〕)

ゼミは大学での「学び」の核となる授業です。

観光を勉強する中で、自分が興味を抱く分野を
選び、卒業研究に向けて、専門性の高い技能と
知識を身につけていくのが「ゼミナール」です。

国際観光学科では2年で自分の所属するゼミを
選択します。2年次の時は「観光学入門演習」、
3年からは「専門演習」という名前の授業になります。

今回は最上級生、4年生のゼミを紹介します。4年の
ゼミは今年度は6クラス開講されています。私(毛利)の
担当しているゼミ(専門演習Ⅲ。秋学期は専門演習Ⅳ)は
「歴史遺産と観光」をテーマにしています。

京都で観光を勉強していると、どうしてもお寺や神社と
いった歴史遺産・文化財について触れる機会が多くなります。
その文化財を通して、地域の歴史と文化、観光や「まちづくり」
を考えていこう、というのがこのゼミのテーマです。

201105234.jpg

2年生のときはみんなで建築や仏像・遺跡などについて勉強
していたのですが、3年になるとそうした中から、ゼミ生が興味
のあるテーマを選び、自分で調査や研究を進めていくことに
なります。うちのゼミ生は地域の遺産を「まちづくり」に生かそう、
という発想の研究テーマが比較的多いです。

今週からゼミ生の卒業研究報告が始まりました。1回目は長井さん、
それから池田さん・井田さんコンビが担当しました(くじ引きの結果です)。

鉱物や宝石に興味のある長井さんは、彼女の地元にある
生野銀山と世界遺産の石見銀山を調査して、鉱物資源や
廃鉱山を生かした観光開発を考えています。

今回の発表では、産業遺産として廃鉱山を観光地化する
のがトレンドだから、ジオツーリズムなんかの視点を取り入れて、
もうちょっと自然遺産として地学的な側面にも目を配ったらどうか、
といった意見が出ました。

池田さん・井田さんの報告はなかなか力作でした! 
5月はじめでここまで進んでいるとはオドロキです。

地下水を「まちづくり」に生かす、というのがテーマです。

京都で「水」といえば伏見の酒造りと琵琶湖疏水が高名
ですが、実は京都市中心部も地下水が豊富で、あちこちに
名水があり、また伝統的な食品やものづくりにも多く利用
されている、という話です。

二人は、上京・中京・下京のお豆腐屋さんで地下水を
利用しているところがたくさんあるけど、「地下水」を売り
にしているお店はほとんどない、という発見を語って
くれました。

京都の地下水をもっと「地域ブランド」として活用していく
方法を考えていこう、という話になりそうです。

これからも4年生の発表が続きます。今回はさすが4年生
という報告でした。去年の4年生の卒論もなかなか力作が
多かったけれど、今年も大いに期待できそうです。

201105235.jpg

ところで4年生になると、就職活動に並行して卒業研究も
進めていかなければなりません。

卒業研究というのは、つまり卒業論文です。卒論を書か
ない大学が最近は増えていますが、平安女学院大学
国際観光学部では必修です。

「卒論は就活の邪魔になる」という俗説がありますが、
これは間違いだと思います。

ひとつのテーマ・研究課題を比較的長い期間にわたって
考え続けなければならない、ということがゼミ・卒論の
「学び」の特色だと思います。

これは実はとても大切なことです。

自分自身が選んだテーマについて、徹底的に調べ、
自分自身の着想を「論証」していく、という時間は、
大学でなければなかなか持てません。

その過程で学生には「論理的な思考法」「他人を説得する技術」
とともに、「考えること」そのものの大切さを学んでいって
ほしいと思っています。

★行事★ 春の期京都観光学実習

5月18日に「京都観光学実習」を開催しました。

これは遠足ではなく、観光の「勉強」で年に2回
あります。

今回は、三千院~寂光院~上賀茂神社(加茂別雷神社)
~社家町を訪問しました。

今回、添乗いただいたのは国際観光学部の卒業生
です。旅行会社のお仕事について生の声を聞く機会も
ありました。

大原の三千院では殺生戒に関する講話を拝聴し、命の
大切さを再認識しました。

寂光院を訪問したあとは、晴天の下で昼食です。
アンノン族でにぎわった大原地域も、足湯や大原産の
野菜のお店など徐々に変化しています。

上賀茂神社では御祓いの後、特別に本殿を拝観し、
神社の由緒などに関する詳しいお話を伺うことができ
ました。

その後は神社の南にある社家町(神社に奉職する人
たちによって形成された町)を見学しました。

みんな、講話拝聴時にはメモを取りながら熱心に拝聴し、
見学では写真撮影や調査を行って各自の課題に取り組み
ました。

201105236.jpg
 
201105237.jpg
 
201105238.jpg
 
201105239.jpg

About 2011年05月

2011年05月にブログ「平安女学院大学 国際観光学部」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2011年04月です。

次のアーカイブは2011年06月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。