« 家庭支援論の授業 | メイン | 京都市防災センター »

すごろくづくり

11月14日に保育科の2年生は、保育内容総合研究の授業で
すごろくづくりをしました。
 
保育内容総合研究では、子どもたちが遊びを通して
ソーシャルスキルを身に着けることをねらいとした「すごろく」づくりをおこないました。
学生たちは、授業の初めにソーシャルスキルに関する
講義を受けたあと、数名ずつのグループに分かれて
年長児の発達に合ったすごろくの内容を自分たちで考え、工夫して作成しました。

そして、附属幼稚園の年長児さんに実際に遊んでもらい、
結果を園長先生からフィードバックしていただきました。
自分たちのねらいが成功した部分と、配慮が足りなかった部分について、
子どものたちの反応を通じて理解でき、確かな学びとなりました。
ku121.JPG
ku123.JPG

About

2013年11月14日 21:26に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「家庭支援論の授業」です。

次の投稿は「京都市防災センター」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。